じじぃになっても泣ける映画は泣ける!泣きどこは変わるが!?

いっやぁ~あ!不覚、不覚!もぉ、シレ~っと見れると思ぉたがねぇ!?
「ある愛の詩」!生涯で3回目の鑑賞で、ガス!

image

始めて見たのが高校生の時やったねぇ!なんかの用事で梅田へ出た時に見た!
とりあえずロードショー公開中の映画を見とこ!って、軽い感じで見た!

翌日学校で分かった!男子でこの映画を見てたのは私だけだった!!
ハハッハハハッははハッハハッハは!!女々しぃ男で、ガス!テヘッ!

おかげで、この映画のことで女子とは大盛り上がりッ!ハハッハッハハハ!
K村Y美子なんて、私の解説聞いただけで泣いてたがねぇ!ハッハハハ!!

って、映画は無茶苦茶好きだが、恋愛映画だけはホンマ、これ1本だけっ!
「ある愛の詩」のみで、ガス!あっ!「ロミオとジュリエット」は別物ね!
あぁっ!「ノッティンヒル・・・」あれは、ジュリア・ロバーツが出てたから!
おぉ!「プリティウーマン」っあれはぁ、コメディにしてぇ!はハッハハッハ!
「愛と青春の旅立ち」う~ん!?けっこぉ「女々し映画」見てるなぁ!

はっはははっハハッハッハハ!!

って、ゆぅかぁ!?映画が好きやさかいに、そんなのも見てしまうわけよぉ!
で、その「ある愛の詩」は、まぁ、邦画でも見受けられる恋愛の相方が死ぬ
とゆぅ不朽の構図で、ガス!

ま、恋愛映画に限らず、現代映画(戦争映画を除く)のほとんどの構図の大元は
シェークスピアが著作権を持っていると言ってもエェんちゃいますぅ!?

ま、ま、そのくらいシェークスピアは偉大だとゆぅことで、ガス!TVドラマで
ヒットしたものって、ほとんどがシェークスピアみたいなもので、ガス!

権力抗争および復讐ものなんて、ハムレットやマクベスの舞台を銀行や政界に
置き換えて現代カルチャーで描いてるよぉなもんだがねぇ!ハッハッハは!!

最後、崖の上で刑事に説得されて連れてかれる奥様向けドラマなんて、あ~た!
オセロとリア王の二つで無限にストーリーが作れますぅ!ハッハハッハはは!!

って、私の個人的見解ですがぁ!ハハッハはハッハハッハは!!

で、何やったっけぇ!?あ、そぉそぉ「ある愛の詩」ですがねぇ!
高校時代初めて見た時に泣いたシーンは、オリバー(ライアンオニール)が、
ジェニー(アリ・マッグロー)の為にパリ行きの航空券を買うシーンやねぇ!

映画館で独り人目をはばかってシクシク泣いたがねぇ!ハハッハはハッハハ!!

あ、当ブログは男子しか読まないと思うので、この映画「ある愛の詩」の背景を
若干説明しますねぇ!

大富豪の御曹司オリバーと貧しいイタリア移民の娘ジェニーの物語り!
オリバーの父がジェニーを蔑視し、二人の関係を快く思わないことで、
オリバーが父と縁を切り、経済的援助を一切断り自活する中での出来事!

ジェニーの夢は、好きなピアノをパリ留学で実現したがっていたのだが、
貧しい生活の中、オリバーはその話に耳を貸さなかった。

だが、ジェニーの命があと幾許も無いことを知った時に、なけなしの金で、
パリ行きの航空券を・・・・!ってところで高校時代は。ハッハハッハッハ!!

で、次、20代後半かな?見た時は、最後のジェニーが亡くなる直前、彼女が
オリバーに自分の横に寄り添って抱いてくれと懇願!

オリバーがジェニーの身体に付けてある器具やチューブ類を慎重に避けながら
横たわって彼女をハグするシーン!!・・・アカンかったねぇ!ハハッハッハ!

で、今回、完全無欠のじじぃになってから、毎昼録画しているBSプレミアムの
映画劇場で、この「ある愛の詩」が残っていたので見たわけさぁ!テヘッ!

今回はねぇ、縁を切ってる親父さんにオリバーが頭を下げに行った時やねぇ!
ジェニーに最高の治療を受けさせたくて、お金を借りに行ったのさっ!

オリバー「$5,000貸してほしい!」父「給料は出てるんだろぉ!」
オリバー「それでは足りない。」父「女性トラブルか?」オリバー「・・・」
オリバー「・・・そうだ。」っクゥ~~ッ!アカンかったねぇ!

じじぃでも泣ける恋愛映画で、ガス!

はハッハハッハはハハッハハッハハッハは!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

じじぃになっても泣ける映画は泣ける!泣きどこは変わるが!?」への6件のフィードバック

  1. 夕焼け熊五郎

    じぃさまこんにちは
    いやっいやっいやーっ何とロマンチックな映画をご覧になっていたのですね、懐かしいです以前ブログにも書きましたが東京にいる時、叔父さんが日比谷の東宝系の劇場のお偉いさん、宝塚劇場をはじめ6~7軒の映画館顔パス連れと何時も見に行ってました(お陰でモテナイ私が、宝塚の席取っていたので、この時だけモテマシタ)。
    ライアンオニールいい仕事してましたね。
    当時は映画と言えば、必ず主題歌と言うか、音楽をラジオでS盤アワーとかで聴いてました。今でもジェットストリームで時々聴いてます。娘のティタムも「がんばれベアーズ」に出てましたね。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      熊五郎さん、おはよぉございます。

      はいぃ、根がロマンティストなもんでぇ!ハッハハッハはは!!
      あぁ!ゆぅてはりましたねぇ!映画見放題の青春時代!
      おまけに宝塚って!そらぁ、モテますわぁねぇ!はハッハハ!!
      今でゆぅたらぁ・・・・、今も宝塚かっ!テヘッ!
      ライアンオニールって、この映画でしか知らないんですよねぇ!
      あぁ!そぉそぉ!映画音楽のLP何枚か持ってましたねぇ!
      この映画もフランシスレイでしたねぇ!当時はエェ曲ありました。
      「ひまわり」とか「悲しみは星影とともに」とか「鉄道員」とか
      「黒いオルフェ」とか!って、暗いですが。ハッハハハッハ!!
      ジェットストリームは天体撮影中のエェ時報で、ガス!テヘッ!

      返信
  2. おりおん

    ある愛の詩、懐かしい~。ライアン・オニールですねぇ。娘のテイタム・オニールが・・・って、熊五郎さんに先に言われた(笑)
    たしか、若い頃に見たと思うんですけど、テレビ放送だったのかなぁ。あのメロディーだけで泣けてきますねぇ。
    「愛と青春の旅立ち」は、当時出始めだったレイザーディスクで買ったような記憶が・・・。
    ま、私もあまり恋愛映画は見てないような気がしますね。
    当時、映画を観ると言えば難波の南街劇場でしたよ。あと千日前とか道頓堀松竹座でした。今みたいに地元にシネコンなんてなかったですからねぇ。
    完全入れ替え制ではなくて、途中から入ったりしてましたよ。で、空いた席があったら、サッと座ったりして(笑)
    テレビでも、映画をよくやってましたねぇ。ビデオのない時代だったので、好きな映画を見逃さない思いで、目をひん剥いて見てましたよ(笑)
    いまは、いつでも好きな時に見れますもんねぇ。
    って、なんでしたっけ?そうそう「ある愛の詩」。やっぱ泣けますか。私も泣ける自信あります。ま、歳いくと水戸黄門みても泣けますからねぇ(笑)はっはっは~。
    また機会があったら見てみることにします。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      おりおんさん、おはよぉございます。

      懐かしいですよねぇ!アリ・マッグローがそんなに美人じゃ無いのを
      再確認しましたが、今見ても褪せないところが名画なんでしょぉね!
      って、おりおんさんもロマンティストぉ!?はっははハッハハ!!
      ま、世間が寝てる間にに星撮るんやからぁ、そらそぉでしょぉ!
      はハッハハッハ!
      レイザーディスク!?ラモンや無くて?・・・スンマセン!テヘッ!
      「愛と青春の旅立ち」は結末が見えててもテンションあがりますね!
      愛の忠臣蔵で、ガス!ハハッハハッハハッハはっは!!
      難波、道頓堀!?私とはハッキリ分かれますねぇ!?ハハッハッハハ!
      そぉそぉ!途中から入って終わりかけやったら、外で時間つぶしてから
      見てましたねぇ!当時入れ替えはシネラマだけやったよぉに記憶!
      全席指定でしたねぇ!それが当時は高級感を醸し出してました!ははは!
      仰るよぉにリアルタイムでしか見れないTVは、番組自体に値打ちが
      ありました。今はとりあえず録画して、あとでちょこっと見て削除が
      増えましたねぇ!なので昔と違い、最初の数分間に番組の目次を流して
      るけど、こっちは見たい部分まで飛びますからねぇ!はハッハハッハ!!
      って、バラエティばっかし見てますぅ!ハハッハハッハハッハはは!!
      で、「ある愛の詩」泣けた個所、また教えてください!ハハッハは!!

      返信
  3. ミッチー

    僕の産まれる3年前なんですね。でもやはり、音楽だけは知っていて、
    NHK-FMの「映画音楽とともに」っていう番組をエアチェックしたカセットテープに入っていたかなー。はははは。
    あと、父だか母のもっていた「映画音楽全集」みたいなのにこの曲がありました。
    結構いんちきなレコードでしたけどね。

    恋愛映画ではなかなか泣けない、なんて思っていた中学時代。
    おっさんとなった今では泣き放題、びびり放題ですね。やっぱり。

    こないだ「エクソシスト」を再び観ました。
    痛そうで、かわいそうで。
    そんなに曲げたら骨折れちゃうよ、とか。
    最後は「お母さん、よかったね」って涙が…。
    あー、娘ってかわいいなーーー。はっはっは。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      ミッチーさん、こんにちは。

      パイセンの生まれる3年前!?ハハッハハッハハハ!!
      そら、私も腰が曲がって、逆走するのも分かる!ハハッハッハ!!

      「エアチェック」!?また懐かしいこと言わはるぅ!ハハッハ!
      「映画音楽全集」!?あっれ~ッ!?私も持ってたよぉな気がするぅ!
      私のはサントラ盤で、ちゃんとしたやつでしたがねぇ!?テヘッ!

      ま、中学生ではさすがに恋愛映画では泣けないでしょぉ!
      って、私、小学生で「愛と死を見つめて」見て、母に抱きつき号泣しましたが!
      ハッハハッハハッハハッハは!!

      「エクソシスト」!?ありましたねぇ!私はジャンル外なんで、見てないが、
      CMや何やかやで、首が360°まわるのは知ってます!はハッハハッハは!
      しっかし、これだけは言っておきます!
      娘は幾つになっても可愛いで、ガス!そして、孫を産んでくれたら娘に対して、
      感謝の念が湧いてきます!ハッハハッハハッハハはっは!!

      返信

ミッチー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。