カテゴリー別アーカイブ: 機材

鏡筒バランス大改造:最終章!

またもや、目からウロコ、ケツからエラで、ガス!
先日のビフォーアフターに、いっささんよりガイド鏡を主鏡側に移動
とゆぅ神が如き啓示を頂きました!

これでまた赤道儀の負担が軽くなりましたぁ!テヘッ!

bala_2

今回のバランス問題、当初の鏡筒バンド接眼跨ぎのままやっていたら、
別のカメラ斜め向き問題やら、フード装着問題やら、ふぅ~あぁ!で、ガス!

いっささんの助言が無ければ、今頃山口じぃ、鏡筒抱えて路頭に迷うとこでした。
ハハッハハハッはははははっはハハッハ!!

で、肝心のカメラ赤道儀DECモーター干渉問題で、ガス!

ジャ~~ン♪!♪!

sekii_bala

DECモーターとの隙間、余裕のよッちゃんで、ガス!ハハッハはハッハハ!!
そして、驚くこと無かれ、君死にたまふこと無かれ!!

seke_bala

延長ウェイト軸まで覚悟していたのに、以前より5kgウェイトが内側に寄りました!
ハハッハハハッハハッハは!!エェ事尽くめで、ガス!テヘッ!

鏡筒自体の左右バランスもバッチシ!
で、ガイド鏡の固定方法ですが・・・

guide_kotei

DECモーターとカメラの間にまだ余裕があるので、このガイド鏡およびプレートを
接眼部側に寄せよぉかと思ぉとります、はい。

ま、このまま実地使用してから決めますがね!テヘッ!

で、今回のガイド鏡移動により、究極の美が創出されましたッ!
見よこの赤道儀の雄姿ッ!!

sekiyushi

って、今回は夕日無しです!テヘッ!

さぁ!今年最後の新月期突入で、ガス!
今日現在GPV、ヨ~ソロ~!で、ガス!って、月の出22時ですがッ!

ハッハハハハハッハははハハッハはは!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

鏡筒バランス大改造ビフォーアフター!!

「はしだのりひこさん死去…72歳」
また、我が青春の思いで背景を彩る方が亡くなりました!
謹んでご冥福云々で、ガス!

しっかし、当たり前っちゃぁ当たり前なんですが、この歳になると、こぉして
思いでから一人、またひとりと消えてゆく人の数が多くなります、はい。

一応私は、人類の火星着陸をこの目で見るまでは頑張るつもりで、ガス!
って、寿命ばっかは自らの意志ではどぉすることもアイキャンノットで、ガス!

40代50代の頃は、友人の死の知らせに「エッ!?そんなぁ!ウソやろッ!」
でしたが、60代になってからは「エッ!?あぁ!そぉ・・・」と受け入れます!

やがて「エッ!?」が無くなり「あぁ、そぉかぁ、もぉそんな歳やったかぁ」
になるんやろなぁと思う、今日この頃!

ま、そげなこたぁどぉでも良かことですばいッ!

で、鏡筒バランスの大改造で、ガス!

現在の鏡筒にAstro 6D(約1.3kg)を載せると、超頭でっかちで、重心が接眼部の
主鏡側3cmほどのところになります。

なので、赤道儀に載せる時には目いっぱい寄せてもバランスがとれてません!
それを忘れてうっかりクランプを緩めると・・・で、ガス!ハハハッハハッハ!!

ま、ガイドの赤緯不安を抱えつつ運用するのも何なので、今回大改造を行うことに
相成りましてございます!

ゲルマン民族並みに、鏡筒バンドの大移動で、ガス!ハハッハハッハハハ!!
接眼部を跨いで装着ッ!!!!!でやっ!

kyo_matagi

って、これ、けっこぉややこしいことになるのよねぇ!?
フードの固定シロが狭くなり、風に対して弱くなります、はい。

あと、画像のよぉにカメラが45度移動。これが、バランスにどぉ影響するか、
計算する気はござーせん!って、ゆぅかそんな計算方法しりません!テヘッ!

カメラの回転向きは、撮影時に決めますが、できればイプシロン風に、光条が
45度になればエェなぁ!と思う、今日この頃路線で、ガス!はハッハハッハ!!

と、ここへ来てあ~た!いっささんより耳よりコメント頂きましたッ!
まさに目からウロコ、ケツからエラで、ガス!ハッハハッハはハッハハ!!

「バランスウエイトを強力両面テープで主鏡底面中心部に貼り付け」!?

当初、主鏡側への重石等、色々考えたのですが、具体策も無く、鏡筒移動のみに
偏った思想を蹂躙で、ガした!ハハッハハッハハ!!

はい、バランスウェイト1kg!機材置き場に転がっておりますッ!

weight

既にマジックテープまで・・・はい、ウソで、ガス!
マジックテープは今回の為に貼っ付けました!はっはハハッハはは!!

いっささんの御教示では強力両面テープでの装着とあったのですが、メンテ時の
鏡筒への固定でフェザータッチ作業中、1kgの負担は難しいので、マジックテープ
にしてみました!それと出っ張りで鏡筒を立てることが出来なくなる!

で、その鏡筒の主鏡側はこぉなってます。

ushirocover

迷光防止カバーを装着して、中央から主鏡用乾燥空気送風チューブが出てます。
そしてこのカバーを外してマジックテープの片方を貼っ付けます。

ushirocover_tp

で、これに不安を感じつつ1kgウェイトをくっつけるッ!

weight_tsuke

う~ん、エェ感じッ!
ただ、マジックテープなのでウェイトの重量でほんの気持ち程度だが若干傾く!
ま、このへんがガイドにどぉ影響するか、実地でテストで、ガス!!
ただねぇ、この傾き、後ろカバーである程度補強はできそぉで、ガス!

ushirocover_weight

このカバーはフードを実寸取りで作成した時のキツめ失敗作の残りで作ったモノで
けっこぉ固定は強固なので、しっかりウェイトを抑えてはいると思う!はい。

さぁ!それでは重量バランスはどぉなったでガショぉ!?
ジャ~ン!!

balance

エェ感じでバランスがとれております、はい!
ん十万する黒檀の座卓も、私が機材置き場にしてからは、はい!
はっはハハッハはハッハハッハはっは!!

で、実際に赤道儀に載せてみるとこぉなります!

sekido_balance

コードと言えども集まればけっこぉな重量になりますので、実際に負荷がかかる
コード類をまとめて乗っけてます!

で、欲をかいてカメラを下に装着してみたのですが、無理で、ガしたッ!
赤道儀のDECモーターカバーが当たります!・・・残念ッ!!!!

あと、ウェイトバランスを見よぉと思ぉたのですが、5kgウェイトが車の中で、
取りに行くのがジャーくさくて見てません!ハハッハははハハッハはは!!

ま、1kg増えたところで、5kgウェイトを少し外へ移動するぐらいでしょぉ!
しっかし、私は石橋を叩いて渡らない慎重派なので、ちゃんと用意してます。

って、慎重派やったら、車に取りに行けやっちゅうことですが!はハッハハッハ!

Advancede-GT時代に用心のため買っておいた延長ウェイト軸があるので、ガス!

その延長ウェイト軸を装着した画像をビルに遮られること無く、横から日が射す、
夕闇せまる田舎のシルエットロマンスで紹介して、今日はお別れで、ガス!

yuyami

ハハッハははハッハハッハはっはハハッハ!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

Astro 6D.冷却ダークノイズテスト!!

レイキャビクは何処の首都でしょぉ?
ま、そんなこたぁどぉでもよろしいのですが!はっはハハッハは!!

いっやぁ!バタバタバタバタ、貧乏ヒマなしとは良ぉゆぅたもんで、ガス!
何やかやと、こんな僻地でも用事はあるので、ガス!

天体撮影のことだけ考えて生きてるわけではないので、ガス!
って、普段はだいたい口あけて空見上げてますがぁ!ハハッハハッハハハ!

で、そんなこんなで、やっと落ち着いてAstro 6Dとコマコレの接続方法やら、
クーラーの通電テストを無事終えることができました。

コマコレの接続方法では悩ましい問題に直面しております。
今まで通りカメラマウントに接続してバックフォーカスをメーカー推奨値の
51.66mmに対しての51mmでいくか、Astro 6D付属のワイドアダプター48M
フィールドローテーターで53.6mmで行くかッ!?う~ん!悩ましい!!

って、土日にテストすればエェだけですが!ハハッハっはハハッハは!!

そして、冷却時と室温時のダークノイズテストをやったので、ガス!

まずAstro 6Dの冷却具合ですが、室温24℃でテストしました。
通電後数分で1.4℃まで下がりましたが、ダーク撮影すると少しづつ温度が
上がっていきます。考えてみればそぉなんですが、初めて知りました!テヘッ!

非冷却でも1枚目より後半の方がノイズ多かったもんね!テヘッ!

3200hikaku
6400hikaku
12800hikaku
25600hikaku

いっやぁ、今まで色んなところでこの手の比較画像見てきたが、
自分でやってみるって説得力あるよねぇ!?

ディザリングとセットにすればISO 12800でも使えそぉに思う今日この頃!
しっかし、諸先輩方がやらないとゆぅことは、ライトフレームでは不具合が
出るのやろねぇ!?・・・・・・はい、山口のじぃは実験してみます!

ハハッハははハハッハはハハッハはは!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

頭上のお宝の、頭上にお宝が舞い降りた~ぁ!!

山口のじぃ、今日の今日まで、ステラショットの自動モザイク撮影があれば、
フルサイズなんか要らんわ~ぃ!APS-Cで充分やってけるわ~ぃ!・・・
と、申しておりました!・・・・・・・・・・・・がッ!?

はっははははハッハハハハッハははハッハハはっはハハッハはは!!

ジャ~~~ン♪!♪!雅楽♪!♪!♪!♪!

astro_tear

あッ、し、失礼ッ!な、涙で、嬉しさのあまり涙が溢れ画像が・・・
はっはハハッハはハッハハはっは!!

それでは、涙を拭いてェ抱きしめ・・・モトイ!改めましてジャ~~ン♪!♪!

astro 6d_kaihu

astro_kaihu_2

Central DS ASTRO 6D 冷却フルサイズで、ガス~~ん!!テヘッ!

エッ!?山口のじぃ、遂にポチったか?って?いやいや、私ゃ年金暮らしの色男!
はい、金と力はござーせん!ハハッハハッハハッハ!!

ほなどぉしたんか?って?・・・それはぁ、月も出て無い底冷えのする・・・
前置きはエェさかいに、早よ言えッ?ハッハハッハハッハハッハは!!

実はぁ、みなさん「星空の水先人」ってブログ知ってはりますぅ?
そこの管理人:ともぞうさん!この方がすごい天体機材長者でして、
私がそれらの機材をヨダレ垂らして鼻水垂らして眺めてたら目眩しまして、
思わず手に持っていたEOS Kiss X6iをぽちゃ~ん!と、池に落としてまった!

と、突然、池の中から、ともぞうさんが現れッ!
「山口のじぃ!おまえが落としたのはどっちのカメラじゃぁ?」

ともぞうさんの左手にはKiss X6i、そして右手には新品のAstro 6D!!

私は両親から、ウソをつくかつかれるかだったら、つかれる側の人でいろっ!
と言われて育ってきました!なので、私は躊躇なく答えることができました!

「はい、Astro 6D で、ガス!」ハハッハはハッハハ!

エッ!?前置き、エェかげんにせぇッ!早よホンマのこと言えッ!
す、スンマセン!実はぁ・・・底冷えの・・・「どつくぞ~ッ!!」ハハッハ!

いやもぉねぇ!山口のじぃ、嬉しくてチャチャッと話せないのよぉ!
別にモッタイつけてるわけなんですが!はハッハハッハは!!

ま、冗談はさておきませんが!はハッハハッハは!!
って、あんまりふざけてると、マジともぞうさんに叱られるので、
ここからはドキュメンタリーで・・・。

その、ともぞうさんのブログ星空の水先人でクイズを出されまして
それに私が答えたところ、不正解ッ!

ところが、私の回答内容を気に入ってもらえまして、ともぞうさんから、
「この新品未使用のAstro 6D、貸したげるさかいに
使いませんかぁ?手垢でまっ黒になるまで使ってエェよぉ!」

私は驚きました!Astro 6D・・・最初から黒いけど、どぉしよぉ!?って!
そ、そこかいっ!ハハッハハッハハはっは!!

・・・この時点で、山口のじぃ、悶絶パニックでした!はハッハハッハ!!
3日後には、Astro 6Dが我が家に舞い降りてました!

いやはや、ともぞうさんの度量の大きさが、頭上のお宝の頭上にお宝を!
はい、これアナウンサー試験に出ます!「頭上のお宝の頭上にお宝」

ハハッハハッハハはっは!!

ともぞうさん!本当にありがとうございましたぁ!

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

ステラショットの為に新兵器導入!!

私が撮影ホームグラウンド皇座山に向かう時は「流星号」を使ってます!
しかしてその実体は、スズキ アルト!ハハッハはは!軽四で、ガス!

先日、アルミホイールに履き替えてやったとはいえ、車内は相変わらずの軽四!
狭いので、ガス!ハッハハハッハハッハ!!

ノートを助手席に置いてステラショットを使うと、腰が子午線越えで、ガス!
で、モニタに注視するあまり時間の経過を忘れ、気がつけば、こ、腰がッ!?

お若い方はスルーしてくださいッ!ハハッハハッハハハハッハハッハ!!

で、ノートPCを座席正面で使うための新兵器を導入!

pctable

こ奴、裏返せば軽食テーブルにもなる優れモノ!テヘッ!
以前、夜食のおにぎりを助手席に置いていた時、ケーブルに引っかかり、
床におむすびコロリンの悲劇に見舞われたことがあった!ハハッハははっは!!

その時かかっていたBGMが何とッ!チャイコフスキーの「悲愴」!!
はい、ウソで、ガス!はっはハハッハはハッハハ!!

ま、冗談はさておきませんが!はハッハハッハハッハッハ!!

そこで、この台があれば、あのよぉな悲劇は二度と起きないであらう!テヘッ!

で、肝心のPCを置いた場合の姿勢は、大変にGoo~dで、ガス!
まずは、PHD2専用に使っていた11インチノートを置いてみます。

pctable_1

ね、これだと余裕のよっちゃんで、ガス!

次に今回のステラショット用大画面ノートを置いてみると・・・

pctable_2

ピッタシ、たしたし赤だし太郎!で、ガス!ハッハハハッハハッハ!!
これであ~た!腰をひねらず、子午線越えの心配皆無ッ!テヘッ!

この台、上手い事できてますぅ!手前に重量が加わるに連れ安定度が増す!
で、肘をついても・・・つい・・・ついたら折れそぉで、ガス!

千円ですからぁ~!ハハッハはハハッハハッハハハ!!

次回予告!
「頭上のお宝の、頭上にお宝が舞い降りた!!」

ハハッハはハハッハはハッハハッハは!!

 

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

今秋世界に先駆けてあなただけに贈る、ステラショットガイドエラー解決への道!

って、そんな大層なモノではないので、ガス!ハッハハハッハハッハ!!
この日(27日)ガイドエラーの原因究明と解決の為、自宅庭にて無制限一本勝負
の作業をしましたでぇ!ふぅ~あぁ!

前々日25日に皇座山にてステラショットのファーストライトをやりました。
導入補正、自動撮影、モザイクとほぼ満足のゆく結果でした!

がしっかし、ガイドが決まらず、現地では手の打ちよぉの無い症状が出た!
全部が全部流れるのではなく、1歩進んで3歩戻るって感じの成功率!

PHD2の時には見たことのない症状だったのよねぇ!?
で、その日は一連のテストを終えて、自宅に戻ってからあれやこれや調査!

しっかし、ステラショット、シミュレーション機能が無いので、実地でやるしか
方法がないので27日自宅庭にて検証と相成ったわけで、ガス!

ステラ全画面

26日はネット徘徊老人するも、ビビッとくるよぉな情報には出会えず!
悶々とした時間を送ってました!ハハッハハッハッハははは!!

ま、こぉゆぅ時はヘタな考え起こす前に基本に戻る!
そぉ!メーカーからの情報でまずは事を進める!

とゆぅことで、アストロアーツのトラブルシューティングを項目順に素直に
テストしていきました。朝まで時間はたっぷり!テヘッ!

試写5分変化無し、無用、無用、試写5分、おっ!エェ感じ!もぉ1枚!・・・
アッカ~ン。変化無し、試写5分、おっ!アカン。変化無し・・・
ときて、つ、つ、遂に!!
「ハンチング(過修正)が発生する」の項目での処理で解決~ぅ!!

「インターバルが露出時間より長く設定されているか確認してください。

オートガイド画面の「露出[秒]」が「インターバル[秒]」より長く設定されている
とハンチングが起きます。必ず「インターバル」の方を長くするようにしてくださ
い。

「アグレッシブネス」「パルス発生しきい値」を小さくしてみてください。

オートガイド画面下部の「アグレッシブネス」や、「オートガイド設定」ダイアロ
グの「パルス発生しきい値」を小さく設定してみてください。」

ただねぇ、ここまでに5時間経過してるのよぉ!ハハッハはハッハハは!!
平地とはいえ、寒空の下、で、ひとつづつする元気が無く、インターバル云々と
パルス発生しきい置を同時に修正したので、どちらが功を奏したか・・・!?

はっはハハッハはハッハハは!!エッ!?戻して別々に検証しろッ!?
上手くいってるこの状況を崩せとな?私、超文系なのでイヤです!ハッハハハ!
分かってやってる事ならいざ知らず、パルスが何かもわからんのに!テヘッ!

検証はともかくやったことを説明しますねぇ!

オートガイド

上のAがガイドカメラの露出時間。現地でガイド星をジャカスカ写し出す為に
2秒に設定してましたよぉ!

で、Bのインターバル2秒(デフォルト値)よりガイドカメラの露出時間を
短くしてガイド星が必要な数だけ出るところ1秒にしました。

そして、Cの設定画面を出したところが次の画像!

パラメーター

Dのパルス発生しきい値をデフォルトの0.5を0.36に変更!
って、根拠は無いのですが、小さくなるよぉに横の計算コマンドを使って
適当に・・・!はっはハハッハはハッハハ!!

あと、ついでにEのガイド開始から撮影までの待ち時間をデフォルトでは2秒に
なっていたので30秒に変更しました。

そして、今回のアップデート1.5dで実装なったディザリングがFで、ガス!
移動量は今のところデフォルト値の3ピクセルの・・・ままッ♪

赤経と赤緯のアグレッシブネスはデフォルトの70のままッ!!
ここをイジらない根拠は、勘で、ガス!ハハッハハッハッハハハ!!

ま、結果オーライの現状満足大納言で、ガス!

で、現有機材ではまずもってやらない長時間露光の10分テストをしました。
ISO 800で10分露光!ま、使わずとも勉強の意味での露光時間で、ガス!
題して「修学露光」!二度と帰らぬ思い出乗せて~♪クラス友達~ぃ♪

こ~んな感じ!ピクセル等倍の3倍 (300%)
20171027-M45-0002

今回のテスト環境
使用架台: 精度は今イチ、修正信号には従順、Advanced-VX赤道儀
ガイド類: QHY5L-IIM 、190mmガイド鏡
撮影鏡筒: 驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)

と、まぁ、私の環境で行った解決方法ですので、このとおりにやっても
エェ結果が出ない場合もありますので、気ぃつけてやってください!

あと、ステラショットのアンケートでも書いたのだが、自動撮影時の1枚撮影
終了して次の撮影を始めるまでのインターバルが設定出来ないのよねぇ!?

上のオートガイド設定画面での、ガイド開始から撮影を始めるまでの時間は
設定できるのだが、今後のアップデートに期待で、ガス!

それとモザイク写野の設定時にマッピング画像が欲しいよねぇ!?
ステラショットでは出来ないのよ!なので、モザイクの写野の数は、今のところ
ステナビで確認して決めるよぉになる!今後のアップデートに期・・・
って、デスクトップと違い、ノートだと重い仕事になるからどぉやろ!?

この数日間でだいぶステラショットのエェとこ足りないとこが見えました!
今のところ悪い部分が見つかりません!

ま、いずれにしても、立ち上げソフト1本で済むとゆぅことはエェことには
違いないので、ガス!

で、25日テスト初日に失敗したIC405勾玉モザイクを撮りなおしました!
薄明迫る中でのドトバタ撮影だったが、無事モザイク完了!

画像処理しながら思いましたぁ!
フルサイズならモザイク無しで一発なんやろなぁ・・・って!
ハハッハはハハッハははハッハハッハ!!

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

ステラショットの正直レビュー!Vol.1

以前、このステラショット導入を考えた時があったのだが、XP非対応
とゆぅことで断念した経緯がある!ふぅ~あぁ!

ま、現場にパソコンを持ち込みたくないとゆぅ気持ちがそのまま御蔵!って、
感じで来たのだが、PHDガイドの所為で仕方なく11インチノートを持ち込み、
アレルギーも多少無くなり、その後Win7大画面ノートが手に入り・・・・

で、どぉせならガイドだけやなく、フル活用したくなったので、ガス!テヘッ!

今回、皇座山にて行ったステラテストは次の通りで、ガス!

① USB延長ケーブル5Mで赤道儀、撮影カメラ、ガイドカメラが機能するか?
※自宅の100V電源では実証済みなので現地で12V電源8時間テスト。
② 導入と補正の精度や如何ッ!?
③ モザイク撮影がホンマに自動でやってくれるんかぁ?
④ ディザリングがどんなんかなぁ?の実体験およびダーク無しのテスト!
⑤ 自動で次つぎ対象を変え、導入補正してホンマに撮影できるんかぁ?

①に関しては21時から繋ぎっぱなしで、翌05時過ぎにウトウトしてしまい、
気が付いたら、最後のIC405のモザイクが下半分撮影されておらず、モニタに
機材の接続が切断、認識できませんの文字が・・・。
あわてて、外へ出ると・・・寒ッ!前日23時からずっと車の中で、ガした!
はっはハハッハはハハッハは!!

で、赤道儀OK、カメラOK,ガイドカメラOK!
ステラショット再起動で全て認識!

外が白じんで来たのと、疲労で原因究明はお預け!バッテリーの・・・かな?

※ちなみにUSB延長ケーブルはパソコンから電気を貰うバスパワーでは3Mまで
とゆぅ限界があるらしく、使用中の5Mはセルフパワーで別に電源を取ってる。

で、②の導入補正!?使った対象はカシオペアのツィー付近で、ガス!
これ、ツイーとIC59やらで構図取りが赤道儀の微動では難しいのよねぇ!?

ステラショットの導入補正で「導入天体を中央」と「指定ポイントを中央」の
二つあり、それらをテストしましたよ!

最初に導入した場合、私の赤道儀ではほぼ真ん中に導入できるのだが、
それでも少し真中央からはずれているので・・・

で、導入補正のボタンをクリック!「導入天体を中央」をクリック!
赤道儀が少し動き、そして撮影!あっは~!超簡単!ほぼではなくド真ん中ッ!

ステラナビでのマッピング画像埋め込み時の自動位置設定が一発での成功率が
良くないので、この導入補正もあまり信用していなかった!テヘッ!

そして、そのまま星雲とツィーの三角関係の真ん中をクリックして、導入補正!
ハハッハはハハッハはハッハハ!!

tsui_20171025
撮影条件: ISO 3200_240秒×8枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIMディザガイド、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,ダーク引き無し,仕上げPSCC(手抜き処理)
処理中BGM:眠くなるジャズ
撮影日時: 2017/10/24 23:26:33~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂孤独な駐車場 

目的が別なんで、画像処理は適当で、ガス!で、結果は・・・!?

ま、案ずるより横山やすしで、ガした!このあとしばらく撮りもしない天体を
導入、あり得ない構図を指定しまくって遊びました!暖ったかい車の中で!
ハハッハハッハハッハ!!

で、③のモザイクで、ガス!私は、モザイク撮影後の合わせた後の短冊が
イヤで、今まで、接眼部に分度器を付けてカメラの角度をあわせてました。

それでも多少短冊は残ります!

そ、そ、それがあ~た!ステラショットの自動モザイク撮影ったらぁ!
試撮影して導入補正したらカメラの画角に合わせてモザイク枠が表示されるので
ズレよぉが無いのよねぇ!あとはその枠を見ながら全体のバランスを考え、
補正するだけ!

最初にモザイク実験したのはクリスマスツリー!APS-Cではいつも一杯いっぱい
なんで、南北2枚、各8枚、計16枚で実験!

あまりにもあっけない設定だけで、果たして!?待つこと1時間ほど!
その間、ずっとガイドなどステラショットの刻々変わるインジケータを見つめて
過ごしておりました!初心者は寝る勇気はござぁません!ハハッハハハッハ!!

撮影終わって画像確認後、独りぼっちの皇座山頂駐車場の車の中で、ひと言ッ!

ま、ま、マジかぇ~ッ!?な、なんで日本でしか売らんのぉ~お?????
今の時代ッ!最初っから英語で開発しときゃぁエェものをッ!!!!
さすれば、ステラショットの価格も今の10分の一には出来るやろぉに!?

はい、ひと言ではありませんが!ハハッハははっはハハッハは!!

で、④のディザリング!今回のメインイベントでもあったのですが、
おぉッ!っとゆぅよぉな結果は感じませんでした、はい。

上のツィー付近もディザリングで確かに1枚づつズレて撮影はされてるのですが、
私の眼力ではまだ効果のほどはよぉわかりません!テヘッ!

ただ、ディザリングの効果かどぉかはわからないのですが、拡大して見た時に
いつも出る縞シマ模様が見受けられなかったのよねぇ!?

その辺のところも要検証で、ガス!はい。

そして最後の⑤!単体バラ星雲とモザイクIC405勾玉を手放しで撮影してみた!
先にも書きましたが、IC405の下半分が⑤のテストに影響しない原因で未撮影!

一応⑤の自動撮影に関してはバラからIC405とクリアで、ガした!
これでひと晩じゅう雲無しド快晴が保証される空なら、薄明終了1時間後から
翌薄明開始まで寝てられます。ハッハハッハははハハッハ!!

あと、問題点としては、ガイドが決まらず、ほとんどの画像で流れてます!
PHDでは無かったことで、ガス!うんざりで、ガス!

ただ、ステラショットのガイドパラメータはデフォルトで実行したので、
おそらくその辺に原因があると思うので、次回新月期までに要検証で、ガス!

あぁ、それと無線化は、デバイスサーバその他周辺機器の進化を待ちます。
ま、ほとんど独りぼっち撮影なので、今のところ有線でも不自由は無し!

あと、車内でのPC台が欲しいなぁ!
助手席にPC置いて腰ひねるのはキツイッ!

って、天体撮影始めた頃は、一連のややこしい作業も楽しくやっていたのに
何でも自動化して、最終形は何なんやろぉか!?

どこかのロケット会社が個人の天体望遠鏡を宇宙に持ってってくれるサービス
とかで、お天気を気にせず、寒い日も家のパソコンから操作して撮影!

地球軌道上にはミニハッブル望遠鏡がわんさか!
ド鮮明な画像の量産ッ!!ガイド流れ皆無!季節が無くなり真夏のオリオンも
当たり前ッ!

そして、三脚蹴りの昔を懐かしむ!

ハハッハはハハッハははハハッハは!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

反射望遠鏡用「強力結露バスター!!」

結露を防ぐための仕掛けなんですが、私のイメージでは「防御」よりも「退治」
の方がしっくり来るので、バスターとしました。

退治では既に結露していることになるのですが、結露のあとにディフェンスでは
日本語では発音しにくいよねぇ!?舌が奥からいきなり上歯に・・・・

ま、そんなこたぁどぉでもエェですが!ハッハハハハッハははは!!

で、今まで60cm水槽用エアーポンプ2台体制の協力パワーだったのですが、
最終出口では、トボトボのヘロヘロ送風状態!
そこで、今回、1台で強力パワーの120cm水槽でも大丈夫C-8000に代えました。

C_8000_171024

主鏡と斜鏡、頭とケツに分岐した状態で、しっかり風圧を感じることが
できました!これで斜鏡から跳ね返ってコマコレ対物側もOKでしょぉ!

あとエアーチューブを黒に変更!ま、迷光バスター!?はハッハハッハは!!

blackhosesoft

冬の皇座山でも固くならない耐寒仕様!って、片付けが楽なだけですが!
このチューブ、意外とシックな黒で漆黒の宇宙に溶け込みそぉです。

sochakuzublkhs

う~ん、エェ感じ!OK!
と、まぁ、ここまでは結果の見える小細工ですが、問題は今夜です。

皇座山、昨日から木曜まで星空指数100です。
GPVは明日水曜が朝までまっ黒けなんですが、ステラショットの実地テストが
まだなので、今夜出撃!

あわよくばモザイク撮影までやってみたいのよねぇ!?はハッハハッハは!!
ステラショット立ち上げから天体導入、ディザリングガイド、自動撮影まで
PC上でのシミュレーションを散々やってるので、現地での実稼働あるのみ!

頭の中では完璧なので、逆にトラブルがあったとしたらどんなのかが楽しみ
なんよねぇ!はい、マゾです!

ハハッハはハッハハッハ!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

衝撃のステラショット!天体撮影の為の冬支度!!

皇座山の冬を車の中で暖ったかく過ごす為にあれやこれやのイリヤクリヤキン
してました。はハッハハッハははっははは!!

その為、天体機材の車内一元管理をするために・・・疲れたぁ!テヘッ!

BackyardEOSとステラショット、どちらにするか悩んで早や幾星霜!?
って、1か月ほどですが!ハッハハハッハハッハ!!

要はディザリングで、ガス!それが出来るか出来ないか?それが問題でガした!
結局、モザイクと導入補正を取るか、ディザリング&低価格を取るかッ!?

あとぉ、やっぱ立ち上げソフトが1本で済むとゆぅのが心惹かれますぅ、はい!

最終的に、ステラショットの次期アップデートでディザリング機能が追加されたら
エェなぁ!とゆぅ、超希望的観測の下、ステラショットに決めたのよぉ。

で、結論は今月10日に出てはいましたが、色々諸般の事情でバタバタ忙しく、
ポチッたのが3日前ッ!
で、本日到着!インストール!起動後、右下に更新案内ッ!?

stella_mira

あぁ、天体データか何かかなぁ?と、ポチっ!
ブラウザが立ちあがりアストロアーツのアップデート画面にッ???

えっ!?注文したのは最新版やなかったのかぁ!?一抹の不安を抱きながら
バージョンチェック!

っは~ッ!今日の今日!1.5dの更新データがアップされていた!テヘッ!
で、とりあえずリリースノートを流し読み!・・・・???

視界の隅に「ディザ・・・」の文字が、目線を戻してしっかり読む!

・オートガイドでディザリング撮影に対応(「オートガイド画面の「オートガイド
設定」ダイアログで設定)

dithe

テハ~ッ!!あの悩んだ時間は何だったのかぁ!?ハハッハはハッハハはっは!!
喜び強調二段活用!はっははハッハハハハッハははハッハハハハッハははっは!!

で、おまけに、カメラにも保存がぁ・・・!!

camera_sd

って、購入前に撮影画像がカメラには保存されないことは知っていたが、
私はそれを不満には思っていなかった。しかし今、なぜか嬉しいッ!

ハッハハはっはハハッハハッハハッハ!!

で、ブログ記事用の画像をチョメチョメしよぉとフォトショを・・・??
何やらこれまたアップデートの案内!?

ちょうどコーヒ飲みたかったので、そのままポチっとアップデート!!
で、完了後立ち上げてチョメチョメ作業開始!

私は、ブログ画像の境界線をいつもレイヤーの境界線設定で色づけしてます。
で、今回のよぉに、画像内に線を入れる場合、フォトショでは手間がかかるので
Illustratorで引いたものをフォトショに渡しておりました。はい、過去形!

な、な、なんとぉ!?Adobe Photoshop CC 2018では図形ツールの塗りと線が
別っこに設定できるではあ~りませんかぁ!?

sentonuri

あとパスファインダーが使えるよぉになったらIllustrator不要で、ガス!
ハハッハはははハッハハはハハッハ!!

で、肝心の機材とPCの接続方法ですがぁ、最終的には無線になるのだが、
USBデバイスサーバを探すも、民生品ではなかなか安定したものが無いッ!

なにせ、途中で「プツン」があってはならない天体撮影ッ!はハッハハッハ!!
当面は有線で車内引き込みで、ガス!はい、ここだけは慎重で、ガス!

で、その引き込む車「流星号」!この相棒も冬支度してやりましたぁ!
タイヤ&アルミホイールセットのチラシに釣られて!はハッハハッハは!!

ryusei_winsta

って、スタットレスじゃぁ無いよぉ!当地では積雪ほぼ有りません!
ま、夏用タイヤを新品にしておけば冬が越せる程度の気候で、ガス!

あ、横の「流星号」!これはさすがにフォトショでは無理でガショ!?

はハッハハッハははっははははははっは!!

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

NGC281:曲がったまんま星雲。機材完璧過ぎて苦労した!

NGC281_20170912
撮影条件: ISO 3200_160秒×24枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIM、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC
撮影日時: 2017/09/12 20:34:49~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂たった2時間半駐車場

始めてかなぁと思って検索したら、2015年10月に撮ってましたねぇ!
一応この日は東東南北4個の撮影候補を持って皇座山へ行きました!

お空の状態で対象を決めよぉと思ぉてたのですが、薄明終了間際での状態は
なんだかなぁ、って、感じのお空の状態!おまけにこの時点では、このあと
襲い来る驚天動地の湿気結露水浸し地獄のことは知らない!ハハッハッハ!!

月の出まで2時間半ほどなので、とりあえず一番綺麗どこでスタートしたのが
このNGC281。

計算間違いで、お月さまのお成りまでにもぉ1個撮ることが出来ました!
数学、算数、計算が苦手でラッキーで、ガシた!ハハッハッハハッハは!!

で、お成りのあとも月面直焦撮影などして遊んでました。いやぁ、満月期の夜は
出歩かないよぉにしてるのですが・・・って、はっははハッハハッハは!!

月齢21日って明るいもので、ガスねぇ!?周り一帯モノクロの世界が出現!
これで満月やったらと思うと、一度満月の皇座山来てみたくなりました。

って、思ぉただけで、来る気は全くござぁません!!ハハッハハッハハッハ!!
で、NGC281の撮影中は車内で音楽など聞いて過ごしておりました!

で、ふと目を上げ周りを見ると、霧、キリ、濃霧!?ッか~っ!?
外へ出ると晴天!車の窓が超曇っていただけ!ふぅ~あぁ!で、ガス!

って、車内でオネェちゃんと一緒だったわけではないッ!はハッハハッハは!
それに居たとしても、そばに赤道儀があるので、そんなに揺らせないッ!

って、なんの話しや~ッ!ここはアカデミックが売りの「頭上のお宝」テヘッ!
って、どこがや~ッ!ハハッハハッハッハハッハハ!!

で、撮影状態のチェック!・・・??ギョエッ!?雨降った~ぁ??
と思われるほどの湿気、結露!いや水浸しで、ガス!

撮影を一時中断して画像チェ~ック!!フムフム、鏡は結露していないッ!
ポンプ2台態勢にしておいてよかったで、ガス!

フード、チェ~ック!!内側の植毛紙がしっとり濡れている!かといって、
オネェちゃ・・・・も、エェかっ!ハッハハッハハッハッハ!!

結局、現システムは、今回の湿気でも大丈夫だとゆぅことが証明されました!
一応念のため、ポンプをパワーのあるヤツに代えます。(固く心に決める!)

そして、今回、鏡筒ZWO-CN15F4で、気になっていた部分を小細工しました。

接眼体とドローの間にある隙間
mmsukima

世間には黙っていましたが、実は私の撮影画像はいつも周りが赤くカブる!!
なのでフラット画像を使ったグラデーションマスクで最初に赤を脱色してます。
普通なら必要無いワンステップ作業ですが、上手いもんで、ガス!

ハハッハッハハッハハッハハッハ!!

撮影中はピントノブが干渉するためカメラは極軸側ではなく、空側で、ガス!
なので、カメラの背面にある動作中の小さな赤ランプや、地面にある赤など、
入り込むことは無いと・・・。

で、赤カブリの原因を探ることも無く今日まで生きてきたのですが、8月19日
の完璧ペキペキの皇座山で撮影した画像にも赤いのが!

で、これは徹底的にレッドパージしよぉ!とゆぅことで、隙間隠しの暫定処置を
施してやりました。

sukimagard

結果良ければ、配管の断熱材で美しく作ってやろぉと思ぉてます。
はい、結果OKでしたので、断熱材買いに行きます。ハッハハッハッハは!!

やはり、鏡筒内には宇宙からの光以外入って来ないよぉに密閉する必要がある。
筒先以外「一分の隙もあってはならぬ、天体撮影とはそのようなものだ!」
天体撮影「鬼十則」の9番目で、ガス!ハッハッハハッハハハッハ!!

で、ところがギッチョンで、ガス!フラットを当てた後の画像から綺麗に赤が
消えたのはよいが、「普通なら必要無いワンステップ作業」で、行なっていた
小細工が仇になって、右往左往で、ガした!

肝心の周辺減光が思うよぉに処理されなくなってまったのだがねぇ!テヘッ!
ステライメージのダークフラット補正のガンマとオフセットのパラメータを
いじりまくったがねぇ!

結局、ガンマ0.89&オフセット-10%が現在の段取りとなりました、はい。
しっかし、まだ周辺減光がフォトショでイジらないと収まらない状態で、ガス!

ま、以前の赤抜き作業が要らなくなったのは大きな前進で、ガスねぇ!テヘッ!

で、久々のおりおんショットで、ガス!

NGC281_orishot_20170912

こぉしてみるとツィー付近をじっくり1本撮ってもよかったなぁ!
って、終わってからころころ気が変わる山口のじぃで、ガした!

はっはっははハッハハハッハハッハはは!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村