カテゴリー別アーカイブ: 天体写真

アンタレス横丁:600mm APS-C 神戸肉の策ッ!

※鑑賞焦点距離:モニタより1m~∞老眼歓迎!

撮影条件: ISO 3200_240秒×24枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/04/07 1:35:24~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂駐車場トイレ前

はい「苦肉の策」の最上級!「神戸肉の策」で、ガス!ははっはははは!!
なにせ、アンタレス付近、赤青黄色のサンカラーをまともに撮れる機材、
現在持っておりません!はい、持つ予定もございません!テヘヘのヘッ!

はっはははははっははははっは!!

そこで、600mm一張羅で「神戸肉の策」に打って出たわけで、ガス!(笑)
けど、食ったのは豚肉でしたが!ははっははははは!!

先回も書きましたが、今月、私の誕生月とゆぅことで、娘たちが
私の青春ソウルフードのひとつ、味噌カツをごちそうしてくれましたッ!

どぉも私は子供たちには社会人になってから食った美味しいものの事よりも、
学生時代や独身時代に食べまくったモノのことしか話してこなかったよぉだ!

なので、お父さんの味覚は、王将の餃子と天下一品、そして味噌カツしか
受け付けないよぉに思われているッ!はははっははははははは!!

ま、実際、私はグルメではないので、当たらずとも遠ぉからずで、ガス!(笑)

はっはははっははははははっはは!!

がしっかし、目当ての「かごしま黒豚ッ!」・・・う、う、売り切れ~ッ!

娘安心、じぃ消沈!

エッ!?黒豚売り切れのショックが顔に出てるぅ?
そりゃぁそれいねッ!4,000円のカツから一気に1,500円に!

ははっはははっはははははっはははは!!

独身時代に、転勤で名古屋に4年ほど住んだことがあります。

最初、カツを味噌で食う発想が意味不明やったのよねぇ!ははっはは!!
それが、食ってみたら、これがあ~た!旨いんよねぇ!

キーは八丁味噌ですねぇ!八丁味噌!このお店は名古屋ゆかりの方が
オーナーで、本場の味噌カツが賞味できるので、ガンす!テヘッ!

で、嫁さんが手を乗せてるのが、私の大好物のメープルをおもいっきし使った
舶来のクッキーで、ガス!はっははっはははは!!

米国人の「エェ塩梅」に対する不器用さが、こぉゆぅ時、好きですッ!(笑)
メープル=甘くておいしい・・・行てまえ~ッ!ははっははははっは!!

多分、虫歯の方は歯を抑えながら読んでる思います!はははっははっは!!

メープル!自分が意識しているからかどぉか知らないが、最近、メープル味の
パン、お菓子の類が増えたよぉに思う、今日この頃!

ヤマザキパンのなんかは・・・エェ塩梅で、ガス!

ははっはははっはははははははは!!

さて、頭上のお宝名物!「で、何やったっけ!?」のコーナー!

ははっはははっはははははっははは!!

アンタレス横丁ですねぇ!テヘッ!

ま、ステナビで600mm APS-Cの写野でアンタレス付近をうろついていたら・・・
うん?ここ、エェんやないッ!?ってことで、ガス!

そぉそぉ!アンタレス付近中央通りの正面の角をちょっと西へ入ったとこ!
はっははっはははっはははっは!!

付近はダメでも、横丁入ったぐらいなら「私にも写せます!」
こぉゆぅのをフジカシングルエイト!言います!ははははっははっは!!

M4星団はともかく、右上の赤いヤツの手前の奇声・・・キャーッ!!失礼ッ!
手前の輝星(アルニヤト)とその光芒に魅せられた、っちゅうことで、ガス!

なので、私にとってさそり座といえば、アルニヤトで、ガス!
はい!ウソで、ガス!ははっははっはは!!私、そこまでひねくれてません!

で、このアルニヤトってアンタレスを挟んで在る二つの星の名称なんよね!
今回撮ったのは、それのシグマ星のほうで、ガス!

成分が鉄の何たらで、両者似てるから名前を一緒にって!紛らわしない??
ははっはははははははははっは!!※ウィキペディア調べ

って、ウィキには「鉄の何たら」やなくちゃんと書いてあった気がします!
はははっはははははっはは!!

確かに両者、周りのガスを、鉄のスペクトルを彷彿とさす色に照らしてます!

あと、詳しいことは、西新宿の住友ビルの前の広場のコーヒースタンドで
受け取った珈琲を「熱ッツツツツウツツぅ!!」と言って、こぼしてスーツを
汚してしまい、慌てている天文学者にでも聞いて下さいッ!

はっはははっははははははっは!!

で、こんなとこで聞くのも何なんですがぁ、アンタレスって、連星ゆぅのん
知ってはりましたぁ??この天体ブログ界隈では常識??

普通の望遠鏡では見え難いので、お月さんがアンタレスAを隠した時に
数秒間だけアンタレスB(伴星)が見えるそぉな!

さぁ!そこの君ッ!このロマンティックな現象を撮ってみないかッ!?
エッ!?私し?・・・私は、想像するだけで充分で、ガス!

ははっはははははっはははは!!

細かい科学的なことは、西新宿の住友ビ・・・も、エェかっ!?

はっはははっははははははっは!!

で、その住友ビルですが・・・って、脱線する気はありません!
はははははっはははははははは!!

で、結果、撮るには撮った。処理するには処理した!がしっかし・・・

600mmの正義枚数に遠く及ばず、赤出し悪あがきの為、トップに書いた通り、
鑑賞焦点距離はモニタより1m以上離れてと相成りましたッ!

はっははははははっははははは!!

歌に、行~ってみたいなよその国~ぃ♪♪って、ありますが、天体撮影してると
♪♪♪行~ってみたいな、そこッ!!になることが多いで、ガス!

はっははははははははははっは!!

今回のもそんなとこで、ガス!あと、M42のトラペジウムの超近く!とか、
わしの中の創造の柱ッ!・・・もぉ、感動×ふぅ~あぁ!の10乗やろねぇ!?

ははっはははっははははっはは!!

創造の柱なんて、あ~た!あのガスのあいだをうねりながら航行する
観光ツアーがあったら、絶対行くで~ェッ!!

って、光に近い速度で航行しても、ほとんど景色変わらんやろけどね!?

ははっははははははっはあっははははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M8&NGC6559:薄明開始までの特急撮影ッ!!


撮影条件: ISO 3200_160秒×16枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/04/07 4:21:30~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂駐車場トイレ前

はい、山口のじぃ、年寄りらしく湯治に行ってきましたよぉ!(笑)(笑)
これで次の新月期も皇座山遠征行けます!家から20分ですがッ!!

ははっはははっはははっははは!!

今回の画像、湯治の成果がさっそく出ましたねぇ!
アルカリ何たら塩がカラーバランスと腰骨を整えてくれましたッ!

ははっはっははははっははははっは!!

今月は私の、さしてめでたくも無い誕生月でして、娘たちから盛大なる
プレゼントも貰らえました!

私のボロボロだったスマホケースを見るに見かねて、新しいケースを!

天体撮影専用スマホケース

はっははっはははははははは!!

常に大阪恋しい、東京恋しいと言ってる私に・・・・

天下一品+どんぶり付き!

あと、スタバの珈琲豆!!など、都会の香り豊かなプレゼントの数々!!
って、柳井をどんだけ田舎や思ぉてんねん!!

アマゾンで夕方6時過ぎにEL発光板頼んだら、翌日には届いてるんやぞぉ!
アキバでパーツ買って、歩いてクタクタになって疲れて帰って、寝て、
翌日、買ったパーツを袋から出すのと同じやぞ~ッ!!

ははっははははははははっはは!!

って、最近は都会が恋しいとゆぅ感情は薄れてきております。

考えるに、都会はパワーがあってこそで、この歳になると、どこでもエェ!
元気でさえあれば!世にゆぅ、家内安全、無病息災ッ!?

はははっははははっはは!!

それに何より、この地の星空ッ!

玄関開けたら、ここが遠征地ッ!!
日々の生活、そこが遠征地ッ!!
春夏秋冬、周りが遠征地ッ!!
それでも行きたい、皇座山ッ!!

はっはははっははははははっはは!!

って、冗談はさておきませんがぁ!はっはははははっはは!!

で、天体ブログで、ガス!ははっははは!この新月期一番の獲得目標は
「Trash box内面乱反射型EL発光照射装置」を使用した場合における
照度減衰装置調整レベル範囲の確認で、ガス!

はい、確認は出来ましたッ!トレペ×5枚と細目和紙蒸着アクリル板を
標準仕様として、使い捨ての紙皿1枚の有る無しでヒストグラムの山移動に
なりました!

ま、私だけに必要な情報ですがッ!?ははっははははははっはっは!!

で、このフラットの新撮影法!星雲処理するまで不安やったんよねぇ!?
やはり、銀河と違い、複雑な情報が多い所為か、若干、色の偏りを感じた!

ゆぅても、今までの「何だかな~フラット」よりは断然扱いが安いで、ガス!
ま、これで新フラット撮影法、一応の日の目を見た!ってことですかねぇ!?

既に次の新月期を待ち遠しく感じてるのが何よりの証拠で、ガス!

ははっははっははははははっは!!

今回のはメジャー級の対象なので、薄明までの短時間露光とはいえ、
「ひとつ」を除き普通に処理を終えることが出来ました!

で、その「ひとつ」とゆぅのは、猫の手と干潟の別処理ですねぇ!?

この干潟と猫の手、セットではありますが、全くの別物やったんよねぇ!
全体で処理してると、片方が出たり引っ込んだり!

でマスクを・・・どちらにしよぉかなッ!お星さまのゆぅとおりッ!
で、干潟マスクに決定!それもRGB別多段マスクで立体感プレゼント~ぉ!!

ははっははははははっははは!!

って、山口のじぃ、決して画像処理で遊んでるわけ・・・ですがぁ!
ははっははははははははは!!

ところがギッチョン!処理をすれどもすれども、全面にかかる不規則Gの嵐ッ!
苦肉の策の最上級!神戸肉の策ッ!

「高齢者専用偶然スライダーッ!席譲ってくれませんかスペシャル~ッ!」

ははっはははははっはははははは!!

Gチャンネルで作ったマスクでGを弱めよぉとした、その時ッ!
て、て、手が震え滑って上のRを強めてしまった~ぁ!

・・・・シャキ~~~ン!!結果オーライッ!G雲散霧消ぅ!!

決して若者は真似しないでねッ!テヘッ!

ははっはははっははははははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M51:銀河の恋の物語シリーズ!Vol.4_子持ち銀河


撮影条件: ISO 3200_320秒×16枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/04/06 23:16:14~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂駐車場トイレ前

先回のコーン星雲がフラットや撮ったど~ッ!では結果OKでしたが、
天体画像としてあまりにも酷かったので、天体ブログとしての軌道修正を
兼ねて早めのアップで、ガス!はははっはははははっはは!!

ま、頭上のお宝はあんなもんや無いッ!
もっとひどいッ!って、なんでやね~ん!ははっははっははは!!

今回のM51銀河もフラットがダダ決まりで、ガス!

ウハウハウハウハ右派左派昔左派今少し右派ッ!はははっはははっは!!

いやねぇ!フラットが決まれば何でもできるッ!って、アントニオ猪木氏が
ゆぅてませんが!私は言います!ははっははははっはは!!

マジ、あの「精霊流しフラット撮影法」実用新案と商標登録と意匠登録の三つ、
出願する気ありません!ははっははははははっはは!!

今回のフラット撮影法の好結果の原因を らしく無く考察してみました!(笑)
まず、光源にEL板を使ったことがひと~つ!人の世の生き血をすすり、
二~つ、不埒な悪行・・・はい、トゥンマテ~ン!はははっはははっは!!

そして、二~つ、不埒な悪・・・モトイ!間に「~」を入れるのがアカンね!
そして、二つ・・・って、何やったっけ?ははっはははははっはは!!

そぉそぉ1個目が光源にEL板を使ったことね!ほいで2個目が、偶然ですが、
ゴミ箱の内側の反射率が高く、小さな面光源の光を散乱させてくれたこと!

三つめがぁ、細目和紙蒸着アクリル板とトレペでの照度減衰装置!
で、四つ目はありません!はははっははははっは!!

以上三つが功を奏した結果、フラット率100%とゆぅ近年まれにみる好結果を
生み出したと誰かゆぅてくれ~ッ!ははっはははっはっはhっは!!

エッ!?そんだけスゴいフラットならトリミング前の画像見せろ!って?

いやぁ、トップにトリミング画像上げたのは、銀河があまりにも小さい・・・

そんな御託はエェさかいに早よぉ見せろッ!

ひぇ~ッ!ひょっとして関西系の・・・も、エェかっ!ははっはははっは!!

さすがにこの高度では、カブリも恐れをなして近寄っては来ません!(笑)
フラットバッチシで処理自体は楽チンで、ガシた!

今回の処理で気を付けたのは、私のM51、いつも青っぽくなるんよねぇ!
なので今回は、先輩諸氏のM51を参考にさせてもらいました!

手順は、B下げて!R上げて!G下げないでちょと上げる!でしたッ!
ははっはははははっはははっは!!

って、もちろん、珠玉のフラット背景を崩さぬよぉにマスク使用で、ガス!

さぁ、フラットフラットと言い続けてきましたが、そのフラット補正も、
星雲処理で結果を出してこそだと、今年93になる近所の婆さんが言ってま
せんでしたが!

ははっははははははははっははは!!

って、93歳の婆さんが、フラット補正について語ったら面白いやろねェ!
現在の宙ガールが婆さんになったらあり得る話ではあります、はい!

「昔のぉ、精霊流しフラット撮影法とかゆぅ、アホなじじぃが居ってのぉ」

ははっはははっはははははははっは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

NGC2264:今冬、撮り忘れの駆け込み撮影ッ!!


撮影条件: ISO 3200_160秒×8枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/04/06 22:19:19~
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂駐車場トイレ前

「うっとりするよぉな綺麗な作品を創出するのも画像処理技術なら、
調整スライダーに無理強いしないのも画像処理技術である!」

この言葉、天体撮影における画像処理技術の世界では知る人ぞ居ない
山口のじぃの言葉で、ガス!はははっはははっははははっはははは!!

ってねぇ!8枚じゃぁ所詮無理なはなしで、ガス!ははっはははっは!!
撮影開始時点ではけっこぉ高度あったんやけどねぇ、あっちゅう間ですわぁ!

で、駆け込み撮影の結果、ドアに挟まれましたッ!テヘへのへ~ッ!
ははっはははははっはははは!!

それに流れてるしねぇ!この時は風が強かったんよねぇ!
って、流れてるの綺麗に東西だけですけどぉ!ははっははははっは!!

ま、それは満月期のお楽しみに置いときますがぁ!ははっははは!!

で、今回の画像処理では、天体写真の世界でほとんど使う人が居ないであろう
秘伝奥義、「露光量調整レイヤー・露光量上げて、オフセット下げて、ガンマ
上げないでちょと下げるノイズ返しの技」を使いましたッ!

ははっははははははははははっはは!!

私、枚数少なくてザラザラ坂のてっぺんの下宿屋になった時は、フィルター
使わずに、この秘伝奥義でノイズ処理することが多いですッ!テヘッ!

フィルターのノイズ軽減などと違い、調整レイヤーは非破壊編集なので、
何度でもやり直しがきくので、ガス!

が、この秘伝奥義、諸刃の剣なので必要な情報まで飛ばしてまう
危険性がありますんやわッ!

なのでこの秘伝奥義は、少し、ほんの少しの操作が肝要で、ガス!
それでも、ヒストグラムは一気に歯抜けグラムになります!

でも安心してくださいッ!ちゃんと残ってますよぉ!色情報ぅ!

ははっはっはははっはははははっはは!!

尚、この秘伝奥義が欲しい方は、下記コメント欄に「秘伝奥義希望」と
書いていただければ、どぉなるか知りませんがぁ!

ははっははははははっははははははっは!!

ま、頭上のお宝は、亜流、我流、結果オーライホホイのホイッ!で、ガス!
ははっははははははhっはははは!!

そしてこの日、満車の皇座山で楽しく撮影を行うことができました!
あと、ひとつエェ事がありましたよぉ!ふっフッふ・・・

関西系天体撮影集団に囲まれながら実行しても殴られないフラット撮影」が
大成功でしたぁ!ははっははははははっはは!!

現場ではほんのり灯る、まるで精霊流しを眺めてるよぉな幻想的光景ぃ!


※現場で撮り忘れたので、自宅でテスト時の画像です。

あのぶ厚いゴミ箱を通してこんなに光が漏れてますッ!
ふ~む!?内側に植毛紙貼るか?アルミテープ貼るか?

このフラット撮影時、次々にモニタに出される画像を見ながら思いました!

いつもと変わらぬ出来やけど、天体迷惑防止条例に抵触しない為だけにしては
製作労力が多すぎッ!対効果、薄ッ!・・・と、思ぉてましたッ!

ところがギッチョン!もひとつギッチョン!チョンチョンチョンで、ガス~ん!
それは、ステライメージ上でのフラット補正時に感触がありました!

基礎工事を終えて、フォトショへ渡したところをChroma100にした状態!

どぉですかぁ!皆の衆ぅ!!フラット率100%で、ガス!
って、測ったわけではないですが!気分、きぶん、ウルトラキブンで、ガス!

ははっははっはははははっはは!!

今回のコーンはともかく、次回から続く正当露光枚数による珠玉の作品群!
処理するのが楽しみで、ガス!テヘッ!

エッ!?次回は何か?って?
そ、そ、それはぁ・・・く、く、口が裂けても言いたいッ!

M51にしよっかなぁ!?干潟 with 猫の手にしよっかなぁ!?それとも・・・
アン・・・って、誰も頭上のお宝に天体画像期待してまへんわなぁ!?

はははっははははははははははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

久ッ々の皇座山で、天体撮影朝まで漫画喫茶で、ガス!


撮影条件: ISO 6400_40秒×1枚
撮影機材: PENTAX K-70
レンズ : smc PENTAX-DA 18-135mm ED AL[IF] DC WR:18mm_F5
使用架台: 三脚
画像処理: PhotoShop CC2018
撮影日時: 2019/04/07 03:00丁度のあずさ2号
撮影場所: 山口県柳井市皇座山頂駐車場

はい、いつも庭撮りボッチ撮影でストレスが溜まりにたまり爆発寸前!
かといって、皇座山、近いとはいえ庭とは違い、一から設営で、ガス!

そこで、少しづつ少しづつ~幸~せになるんだと~ぉ♪♪
バッテリーやその他、鏡筒と赤道儀以外を車から降ろさず、お腰に優しい
仕掛けを構築してまいりましたッ!ははっははっははっははは!!

日々空模様をにらみつつ、おっしゃ~ッ!と、決めた日にちが週末土曜日ッ!?
新月期の週末は皇座山、屋台出せば巨万の富を手にすることができます。(笑)

月に一度、ド新月期の週末には「周南天文同好会」の皆さんが集結されます!

ここで問題勃発ッ!私のボッチ専用フラット撮影は使用不可なので、ガス!
急遽、いきなり後頭部を殴打されずに済むフラット撮影方法を考案!(先回記事)

勇躍!皇座山へ・・・いざ、出陣ん!!敵は本能寺にあり!・・・の本能寺は
油小路通蛸薬師にありまして京都通でないと通り過ぎてしまいます、はい!

で、現在、寺町御池下にある本能寺は秀吉が建立したもので、ガス!
観光される場合は是非とも山口のじぃに声をかけて下さい!その際は・・・

「行ってらっしゃい」と言わせて頂きますッ!ははっはっははっはは!!

で、何やったっけッ?・・・そぉそぉ!皇座山!行ってきましたでぇ!!
いつもは北極星が見えるころ上がっていたのですが、万難を排し明るいウチに!

がしっかし、時すでに遅しッ!風雲急を告げる中、時は戦国・・・
はい、トゥンマテ~ン!!ははっはははははっははは!!

もぉ、トイレの前しか空いてませんでした~ッ!ははっはははっははは!!
ズラ~っと、高級普通車がッ!南向いて並んでますッ!ははっはっはは!!

そんな中、我が「流星号」(スズキアルト)が鳥居前をギュイ~ンと
ドリフトで入って行くッ!一同、私の華麗なハンドルさばきに・・・
はい、私、ウソ言いましたッ!はっははっははははっははは!!

しかたなくトイレ前に陣取り、車を降りてしばし満車の景観を見物!
しよぉと降りたとたん、流星号ですよねぇ?山口のじぃさんですかぁ?

はい、これで夜中、瀬戸内海に向かって立小便できなくなりましたッ!

ははっはははははっはははははっは!!

周南天文同好会のみなさま、その節はお世話になりました!
私の西側に陣取られていた○○さん、安物のインバーターの音でご迷惑かけて
申し訳ございませんでした!

東側に陣取られた○○さん、夜半、私が車を出る時、筒先に向かって真っ赤な
ランプを照射してしまってスミマセンでした!

私の眼にはハッキリ主鏡面が見えてましたッ!はは・・・し~ん(-_-;)

普段カタログでしかお目にかかれない機材が見れて楽しかったで、ガス!
あぁやって大勢で撮影してると・・・新機材、欲しなりますねぇ!?

はははっはははははっははははははっははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M81・82撮影中のステラショットのガイド画面にて!

先日、庭に機材を出してちょっこしバックラッシュ調整をしていた時のこと!
調整も無事終わり、月の出まで時間もあったので天体撮影をやってみたのさッ!

無予定の、いつになく緊張感の無い撮影!はっははははははっはは!!
ステラショットのガイド画面をボケ~っと鼻水垂らしながら見てたのさッ!

ふと、ガイド星の数を数えていたら、背景に何やら写っているではないかッ!?
これ、ひょっとしてひょっとすると、今撮ってる対象かねぇ?

ね!?どぉよッ!?もそっと拡大してみよぉかッ!?
左のライブ映像のとこだけ抜くよッ!

ガイドカメラって知らない間にものすごく進化してるんやねぇ!?
惑星やなくて薄っす~い銀河がライブ動画で見れるって!・・・ふぅ~あぁ!

そこで思ぉたのよぉ!昔の人力ガイドの頃なら、眼視でガイド星を当てて
いただろぉから、「よし!この星ッ!」って、確認できたでしょぉ?

しっかし、今はこれだけお世話になってるガイド星が、どの辺のどの星かも
分からないまま、モニターに映ってるのから適当に良さげなのを選択ッ!

もっとひどいのは、全て電子計算機任せのガイドやねぇ!?ははっははは!!
私が使ってるステラショットも、撮影対象を導入して、構図を決めたら、
ガイド星を見もせず、モニタをクリックして、撮影項目設定に集中ぅ!

で、撮影項目の設定が完了したら、ガイド開始クリック!
その間、どの星をガイド星にしたかは全く眼中に無しッ!

これを知ったらガイド星人は絶対怒ると思う、今日この頃!ははっははは!

そこで、今回、ガイド画面に映った映像から、M81・82撮影画像の中のどの星を
ガイドに使ったかを検証してみました!ははっはははははっははは!!

って、基礎工事終えただけのフォトショへ渡す前の画像で、ガス!
このあとゴシゴシ画像処理補正修正工事をするのさッ!ははっはははは!!

ねッ!?ガイド画面とほぼ同じ構図で、ガス!ははっはははっははは!!
で、これに、ステラショットが選んだのと同じ星に黄色丸を付けますッ!

M81・82銀河の近く、あの星、この星、その星・・・全部で10個ッ!!
はい、良~く確認させて頂きましたッ!

ガイド星さん!撮影中じっと我慢していただいてありがとぉ!
ね、今回のこれでガイド星人に怒られることは無いと思いますッ!

で、またまた、気付いたことがあります。
私、ガイド鏡を鏡筒のファインダー部に適当にガシガシに固定しただけやのに、
意外と鏡筒とガイド鏡の軸が合ってるのよねぇ!

はははっはははははははははっは!!

しっかし、なんやねぇ!?ウチ等の太陽も、どこか遠い恒星系の知的生命体が
天体撮影する時のガイド星に使われてるかも知れないねぇ!?

って、思わず「頑張れッ!」とウチ等の太陽に声をかけたくなりますッ!

ははっはははははっはははははっははは!!

 

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M106:月光を浴びながら撮影!気持ちは良いが!?

この日、薄明終了と同時に、機材置き場から出たところへ設営ッ!
生(ナマ)の星を使ってバックラッシュのデジタル調整を行いました!

調整だけで、本撮影の予定は無かったのですが、月の出まで2時間ん!!
っは~ッ!・・・はい、あのペア銀河をを撮りましたッ!テヘッ!

しっかし、月の出になっても向かいの大島のお陰でお月様が顔を出しません!
で、撮ったのが今回のM106銀河です。


撮影条件: ISO 1600_240秒×4枚&180秒×20枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/03/27 1:11:15~
撮影場所: 山口県柳井自宅庭

バックラッシュ調整の結果確認とゆぅことで、ISO1600で撮っておりました。
このM106も試写確認後、240秒でスタートッ!!

こぉゆぅ時のBGMはやっぱ、ブェートーフンの月・・・あ、失礼ッ!
ついドイツ語で発音してしまいましたッ!ははっはははははははっはは!!

ベートーベンの月光!この曲、ホンマえぇよねぇ!?タイムスリップできる!
月が照らすモノクロの世界!ベートーベンの部屋からもこぉゆぅ世界が
見えてたんやろねぇ!?

もし、ベートーベンが宗右衛門町や北新地のアパートに住んでたらこの曲は
生まれなかったであろう!とモーツアルト・・・失礼ッ!ついドイツ・・・
クソっ!日本語も発音一緒かいッ!

ははっははっはははっはは!!

がしっかし、お月様が顔を出すや、ヒストグラムの山がグングン右へ!!
こぉゆぅのを専門用語で「右往右往」言います!「左往」がありません!

ははっははっはっははっはははは!!

で、慌てて、露光時間を180秒に変更して撮影続行ぅ!!
しっかし、それでもヒストグラムの山が、1枚ごとに右へ右へ!!
専門用語で・・・も、エェかっ!!はっははははははっはは!!

お月様が顔を出して、まだヒストグラムの「山が動いた」事を知らない私が、
BGMに酔いながら撮ったのが「月昇、天仰ぐ機材と流星号」であります。

月昇、天仰ぐ機材と流星号

フードの向こうに見える庭木、あれが私のいつもの定位置からの北極星を
大変に見辛くしております、はい。

庭にはこの木の下に岩組がありまして、そこを登れば何とか手が・・・
しっかし、現在、身体に不具合があるため、順延中で、ガス!ははっははは!

万が一足を滑らして、もっとひどくなれば天体撮・・・あな恐ろしやっ!
はい、根性萎えてきている、今日この頃のボク!はっはははははっは!!

で、今回の撮影でわかったことは、月が出てる時は、天体撮影は不利で、ガス!
エッ!?あたり前田のクラッカー?いやぁ!星も出てるし行けるかなぁ!
って、思ぉたんよねぇ!勉強なりましたッ!

撮影不利で画像もお蔵入りかなと思ぉたのですが、M106を調べていたら、
とんでもないことが分かったので、ガス!

私は今まで、自分が撮った最遠の天体はM51あたりの3~4千万光年ぐらいに
思ぉてましたッ!

ところがギッチョン!今春世界に先駆けてあなただけにお届けする!
最遠銀河!これが宇宙だッ!

どぉでガスぅ?我が珠玉の鏡筒!エェ仕事しよりまっしゃろぉ!?
この分で行けば、今年中には撮れるかも知れません!

宇宙背景輻射ッ!

はっははっははっはっははっはははははっはは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M101:HⅡ領域抽出大作戦!


撮影条件: ISO 3200_240秒×22枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/03/14 4:38:06~
撮影場所: 山口県柳井自宅庭

ほん昨晩ですが、ほん近所の親戚の家に用事があって行った帰り、見上げると
月齢12日のお月様がくっきりしゃっきり、素人目には満月で、ガシた!(笑)

田舎では、晴れた夜は月の有る無しで明暗がはっきりしております、はい。
そこで、歌の文句に、月がとっても青いから遠回りして帰ろ!がありますが、
街灯のある道ではなく、街灯無しの近道をして帰ることにしました。

嫁さんと二人、街灯の無い田んぼ道をテクテクとアホ言いながら歩いてました!
私が満月期の晴れの多さを嘆いていると、嫁さんが真面目な顔で言いました!

「夜はお日さんが居ないからお月さんが頑張ってるんちゃうん?」

私が「それマジでゆぅてるんかぁ?」と言うと「明かり無しで歩けてるやん!」

いつもなら「あんなぁ!宇宙は・・・」と続く私の小理屈を道断するに足る
迫力がありましたッ!ははっはははっはははは!!

彼女の前では、どんな高邁な天文学も気象学も形無しで、ガス!
私は笑うしかなかったのですよッ!ははっははははっはははは!!

ま、そんなことはどぉでもエェのですが!

で、タイトル!銀河の中のHⅡ領域を強調してみたのですが、選択が難しく、
天の川銀河の星が巻き添えコカれました!

ははっはははははっはははははは!!

巻き添え証拠写真

しっかしデカいよねぇ!?銀河のHⅡ領域って!?
ウチらの天の川も遠くから見たら、こんなデカい範囲で赤いのやろかぁ?

ま、白鳥座とか広い範囲で赤いところはあるけど、銀河系全体から見たら、
鼻くそや思うのですが?

あるいは、近くでは見えなくても遠く離れるとキャッチできるのかも知れない?
木を見て森を見ないじゃないけれど、ネッ!?

M101から天の川銀河を眺めたら、ウチらの太陽系は赤の真っただ中やったり
してね!?近くのオリオン星雲やらサドルやら北アメリカやらが重なって、
真っ赤っかに見えて、M101で天体撮影してる連中がこぞって・・・

はい、画像の出来が良くないと、話をそらしてばかりの今日この頃ッ!
なので、頭上のお宝はいつも話をそらしてます!

って、ホッとってくれッ!!

ははっはははははっはははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

銀河の恋の物語!三角関係編!!


撮影条件: ISO 3200_240秒×20枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/03/14 1:40:40~
撮影場所: 山口県柳井自宅庭

録画してあったコズミックフロントで、ラニアケア超銀河団を見て、
目まいしてたとこで、ガス!はははっははははははは!!

直径5億光年って・・・!!??ふぅ~あぁ!
10万個の銀河を包含って・・・チ~ン!はは・・はっ・・はぁ!!
そんな超銀河団がまだ何個もあるって・・・・・悶絶で、ガス~ん!!

ね、「しし座トリオ銀河」って・・・ショボッ!ははっはっははっははは!!
ホンマ、アマチュア天体撮影で最遠の対象ってたかが知れてるよねぇ!?

先回のM104あたりが私の最遠っかなぁ?よぉ知らんけど!4~5千万光年ぐらい?
知らずに撮って、実は億光年先の銀河が微恒星扱いで彩度落とされてたりして!

はははっははははっはははははははは!!

ゆぅても私、来世は月の裏側で1年365日天体撮影しますからぁ!テヘッ!
撮影飛距離は億光年行くと思います!ははっははははははっははは!!

なにせ写野に太陽さえ入れなければ、真空無光害の星空が待ってますッ!
って、雲掴むよぉな来世の話しするならいっそ天文学者になれって?

はい、残念でしたッ!私、数学どころか加減乗除もおぼつかないので、ガス!
はははっはははははっははははh!!・・・うん?来世でも?ははっははは!

ま、冗談はさておきませんが!ははっははっはははははは!!
で、何の話しでしたっけッ??あ、そぉそぉトリオ銀河ですがなぁ!テヘッ!

で、そのトリオ銀河!コズミックフロント見る前に処理したので、けっこぉ
気合入ってます!はははっははははっはははは!!

が、しっかし、先回に引き続き色が出ません!まるでモノクロで、ガス!
一眼デジカメワンショットカラーの意味がありません!
かとゆぅて、モノクロで何回も露光する根気も金もござーせんが!

ははっははははっははははは!!

で、銀河処理では珍しくマスクを使った処理をしましてん!
銀河をぐるぐる囲みまして、境界線ボカシ100pxl、で反転黒塗りッ!

彩度をギュイ~ン!!で、ガス!・・・アッカ~ン!!ははははっはは!!

銀河の恋のものがたりでも、ここは三角関係で色気が失せて険悪な感じ!?
で、それでも何とか色気を求めて少し大きく見えるよぉに・・・

う、無理かッ!?

で、あきらめて、頭上のお宝では珍しくアカデミックにいきます!
って、何が「珍しく」やッ!いつもアカデ・・・はい、いつもふざけてます!

はっははははっははははっは!!

        アカデミックバージョン

って、他所で見るよぉに最初は銀河に名前入れただけやったんよぉ!
せやけど・・・やっぱ頭上のお宝の性やねぇ!どぉしてもボケたいッ!

はははっはははっははっははははっはははは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M104:ピンボケロ銀河


撮影条件: ISO 3200_180秒×18枚
撮影カメラ: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
極軸調整: QHYCCD PoleMaster
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2019/03/08 0:38:35~
撮影場所: 山口県柳井自宅庭

「テンガロンハット」が頭の中を占領してしまい、この銀河の通称
「ソンブレロ」が出て来なくて往生しましてん!

ははははっははははははははっは!!

最近この手の記憶遺失が多くなりました!例えばぁ・・・・・・・・・・??
・・・・ねッ!

ははっはははっははははははっは!!!

撮影中から気にはなっていました・・・ピンボケッ!テヘッ!
ま、5000万光年も離れてるんやから多少は、ねぇ!

ピンボケでもここまでやれるんだシリーズ第一弾ッ!!
ははっははははっははははっははは!!

って、こんなん一弾で終わらせたいわさぁ!はは・・・は・・はぁ。

この銀河を処理する時は、いつも右上の赤青黄色のサンカラーサンスターを
念入りに彩度深めるのですが、ピンボケの所為かどぉかわかりませんが、
イジれども弄れども色が出ないッ!

色付けっちゅう手もあるのですが、無い色を出した時点で写真やなくて、
イラストになってまうので私はしませんッ!(キッパリ)

で、先ほどまで撮影しておりまして、夜半月没後からの撮影!
メニューは2個ッ!これがあ~た!久々、納得の撮影で、ガシた!テヘッ!

興奮冷めやらぬままに在庫処分で記事書いてます、はい!

ははっははははっははははははっは!!

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村