IC1805:ハート星雲&究極のフラット撮影!

IC1805_20180919
撮影条件: ISO 3200_128秒×22枚&180秒×12枚
撮影カメラ: CentralDS ASTRO6D with HEUIB-IIフィルター
撮影鏡筒: ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀 ガイド類: QHY5L-ⅡM 、190mmガイド鏡
撮影支援: ステラショット(導入・撮影・ガイド・ディザリング)
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC2018
撮影日時: 2018/09/19 0:06:19~
撮影場所: 山口県柳井自宅庭独り黙々と撮影している山口のじぃが居ます。

先回のレムナントの前に撮ったIC1805:ハート星雲です!
撮り始めて10枚ぐらいから、ヒストグラムの山がグングン左に移行!

あわてて各種設定を見直すも異常無しッ!で、外へ出てお空を見上げると、
な、な、なんと~ッ!ふぅ~あぁ!な星空ッ!ここは皇座山かッ!?

設営中に見上げた空は、ま、自宅庭だから仕方ないか!?って、感じだったのが、
地球と宇宙の狭間に居るよぉな感じ!視界にあるのは悠久の時を刻んできた宇宙!

・・・はい、ロマンティックにもほどがあります!ははっははっはははっはは!!

で、露光時間をどぉするか?このまま設定枚数の35枚を撮るか?
はい、天体撮影の最高の機材は「お空の状態」!で22枚のところでストップ!

素早く試写したのち、180秒で再スタート!となったわけでございますぅ!

フラットは暗い方のヒストグラムに合わせて撮って、当てる時にステライメージ
で、調整しました!はい、合ってませんねぇ!ははっははっはははっは!!

ま、四隅グラデマスクでチョチョイのチョイ調整済みではあります!テヘッ!

で、このフラットなんですが、当ブログでも何度か私のフラット撮影方法を
書いてます!

撮影後、鏡筒を水平にしてトレペ6枚越しに被せ、5Mほど離れたところから
白色LEDミニ懐中電灯で鏡筒に向かって照射ッ!

これも、当初は2Mぐらいからの照射で、シャッター速度で調整してましたが、
どぉせ独りぼっちなら、皇座山の駐車場で思いッきし離れて撮ったろぉ!

で、離れれば離れるほど、エェ感じ、OッK~!(ローラ風)な結果が出た!
今、現在は自宅庭でも皇座山でも5Mほど離れてシャッター速度は3秒ほど。

懐中電灯はハイローのローで使用!

で、この夏の「新月期2回騙され期間」に、ある実験を行ってました!
それは「究極のフラット撮影方法は何かッ!?見果てぬ夢を追い求めて!」
で、あります!ははっはははっはははっはははっはははははっはははっはは!!

そして、実験結果は!?・・・光源は全く関係無いッ!で、あります!
LEDやELや薄明開始時のスカイフラットや曇り空フラットなどなど!

これらは全て「均一」な光源を求めた結果で、ガス!(フムフム)
フラットの目的は「均一」であって、光源では無いので、ガス!(フムフム)

私が行った実験は、まず、光源との距離による均一度の比較で、ガス!
はい、まさか、究極のフラット撮影が生まれるとは予想してなかったので、
写真は撮ってないのよねぇ!ははっはははっはははっははっはは!!

ただし、その実験結果によって、究極のフラット撮影用フードを作成中なので、
その画像は近日公開できると思います!(ウキウキ)

実験の結果、光源との距離はさほど重要では無いことがわかりました!
皇座山駐車場での2Mと5Mとの差異は、その時使った光源とトレペマスクの
相性がたまたま好結果を生んだだけで、ガス~ん!

で、実験中、ふと思ったのが、6枚ほどのトレペの位置で、ガス!
鏡筒の先にトレペ6枚を重ねてセットしたマスクがあります!

私は、おもむろにそのマスクを外し、顔の前にかざし、光源を見ました!
よ~く見ると、意識してみると、5M先の光源がぼ~んやり見えるのです!

たしかに、光源をEL板など板状にすると、光源自体の確認は出来ないが、
均一の保証は光源の能力あるいは形状に依存しますよねぇ!?

そこで、今度は、トレペを1枚づつ10cm間隔でセット!これが難儀しました!
どぉなるかわからない実験のために6個もトレペ枠を作れないので、食洗器の
皿挟む枠やら、家中のブックエンドやら、包丁研ぐヤツの隙間やら、
オーブントースターのパンを置く台やら、昔のCDラックを横にしたり・・・
ま、語るも涙聞くと笑う苦労がありました!

これらは写真を撮っておくべきだったと後悔してます!
ハッハハッハハッハハハッハ!!

結果発表~ッ!(浜ちゃん風に)

「均一度=トレペ間隔の距離の二乗に比例する」

これは奇しくも、かの万有引力の法則と比例・反比例の違いだけで、ガス!
ははっはははっははははっはははっは!!

6枚重ねで見えていた光源が、トレペ10cmほどの間隔3枚で光源消滅!
見えているのは四方どこまでも均一な霧の世界!

これを専門用語で、五里霧中と言います!魑魅魍魎ではありません!!

ハハッハッハハッハはハハッハハハッハハッハ!!

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

IC1805:ハート星雲&究極のフラット撮影!」への6件のフィードバック

  1. 夕焼け熊五郎

    じぃさまおはようございます。台風の被害思っていた以上に少なくて良かったですね。
    朝から窓ガラスのガムテープめくりです、矢張り綺麗にめくれません(昨日あちこちにテープ買いに行きましたが、台風の為臨時休業)仕方なく家にあった物。
    まぁーこれ位どぉーって事ない。
    アッ そうそう家の若い衆がそちらにお邪魔してたみたいで御迷惑をお掛けしました、ちゃんと責任を取らす様言って聞かせます。
    でっ「IC1805:ハート星雲」は 言う事ぁー何もござんせん素晴らしいの一言です。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      熊五郎さん、こんばんは。

      台風一過、ご無事で何より!
      って、ガラスにテープ!熊五郎さんも兵舎での生活を
      思い出しながらやってたんですかぁ!はっはははは!
      ♪新兵さんはのんきだね~♪また寝て泣くのかよ~♪
      って、ネット時代にこんなん話せるんウチらだけかも!
      はっははっははっはは!!
      「家の若い衆」!?NDSさんのことでしたら、私の
      ほうこそ何もできなくて後悔の毎日です!あの日は
      疲労がピークで、思考も痛んでました!マジ卍!

      返信
  2. 雲上(くもがみ)

    じぃさまが撮った3時間後に偶然同じ構図で撮っておりました。
    比べると私の方はちょっと窮屈でモヤッぽいです。(頭上お宝と頭上の鉛板の差ということで・・)
    フラット作成ですが、じぃさまは離れたところの壁かなんかを撮っていると思っていましたが、
    離れていたのは光源だけでしたか?
    わたしも以前鏡筒開口部にスーパー袋を重ねて取得してましたが、
    これではカメラの直前(1m前後)でフラット光源を散乱させているわけで
    実際の空からの迷光がおおよそ平行な事を考えれば、カメラボデイ内の
    カゲリによるフラット特性が同じくなるわけがない!
    と決めつけて、曇り空を撮ったり、最近は室内LED照明を障子紙にあててフラットにしています。
    少しでもフラットに使用する均一な明るい面を離すことにこだわっております。
    (理屈ぽいコメントは疲れるなぁ)

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      雲上さん、おはよぉございます。

      じゃぁ、あの日あの時あの空の下でゴソゴソと!
      ははっははっははっはは!!
      頭上の鉛板の差!?なるほど、よ~くわかりません!(笑)
      昔は白壁や車のボディの反射を使ってましたねぇ!懐かしッ!
      「実際の空からの迷光がおおよそ平行」なるほど、そぉゆぅ点
      では、光源の距離を離すとゆぅのも意味はあったわけですね。
      う~ん、悩ましい!って、それもまた楽し!ですが!(笑)
      今回の実験でも思いましたが、曇り空は最強や思います!
      ただ、撮影時の再現に難点があるので、今は撮影ごとに撮って
      ます。構図角度に30度ぐらいの余裕を持たせれば撮り貯めが
      可能かもしれないですね!12枚!
      今、製作中のフードは点光源を筒先で均一にする方法なので、
      面光源であれば要らぬ苦労かも知れない!?ハハッハッハハハ!

      返信
  3. おりおん

    「究極のフラット撮影用フード」ひとつ注文お願いします。大阪府岸和田市極楽寺町おりおん。
    フラットって、かなり重要ですよねぇ。天体写真を始めた頃は、宇宙を撮れることだけがうれしくて、「フラットって何?なくてもオッケー」てな感じだったんですけどねぇ。いまは、フラットがないと処理できません。そりゃそうです(笑)
    私は基本スカイフラット、薄明前撤収時はLEDなんですが、いつもヒストグラムを大雑把に合わせるだけ。眠気と疲れがピークに差し掛かってる時刻なので、フラフラフラットです。はい、おもしろくありませんね。
    にしても、「ヒストグラムがグングン左に」うらやましいです。これが「グングン右に」だと困りますけどねぇ、はっはっは~。
    その暗さのおかげもあってのハート星雲、淡い部分のディテールも素晴らしいです。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      おりおんさん、おはよぉございます。

      「究極のフラット撮影用フード」ご注文、ありがとぉございます!
      しっかし、住所で笑いが取れるって、楽やなぁ!ハッハハッハ!!
      「宇宙を撮れる」!たしかに、昔はそれだけでした!撮ったモノを
      見る為の作業が、画像処理や思ぉてましたからねぇ!ハッハハハ!
      今では、おりおんさんの所為で世界中の人が、「淡あわ」や「薄ウス」
      やと大騒ぎしてますがなぁ!はっははっはははっは!!
      この実験中、私は、趣味「フラット撮影」って、なりそぉでした!(笑)
      きれいなフラットが撮れた時の感動!って、ブログ1回で終わりますが!
      はっははっはははっは!!
      スカイフラットは経験ありますが、確かにふらふらフラットになる(笑)
      「ヒストグラムがグングン左に」夜半過ぎてからなんで、多少月明かりが
      残っていたのもありますが、まぁ、自宅庭でも奇麗な空に会えるもんです!
      この淡い部分をお褒め頂けるなんて、千円ウチのポストに入れときます!
      ハッハハハハッハハハッハハはは!!

      返信

雲上(くもがみ) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。