月別アーカイブ: 2017年2月

IC417:微恒星がウザい!?ハハッハハッハ!

現在、星像キレキレキャンペーン中につき、ご容赦!ハハッハッハハハ!!
強拡大しても破綻していない微恒星!眩しさすら感じます。テヘッ!

ゲーテの最後の言葉「もっと光を」!これは解釈に諸説ありますが、
私は、説とゆぅより、側近の聞き漏らしやないかと思ぉとります。はい。

「モ、モ、も、もっと光を・・・微恒星に」ハハッハハッハハッハ!!

さて、今回は昔~しに撮って、イヤになった対象で、ガス!
そん時ゃもぉ!処理につれ微恒星がグジャぐじゃで、宇宙か前衛絵画か
ワケ分からんよぉになり三日三晩眠れず・・・はい、ウソで、ガス!テヘッ!

で、今回の星像改善コマコレツアーの旅の最終章をこのIC417で飾ろぉかな、と、
臨んだ次第で、ガス~ん!

まずは、IC417の南中越えまでの間にすばるで肩慣らし。で、40枚セ~ット!
案の定薄雲が途中襲来するも、6枚程の損失で済んだ!シメシメメシエで、ガス!

この日のGPV予報では、夜半から曇り。
で、IC417のあと即片づけて就寝と思ぉたのですが、なんか撮りたいなぁ、
短時間少枚数で撮れるモン無いかなぁ!で、撮ったのが先回のバラで、ガス!

最近、朝まではキツイのよねぇ!寄る歳波っちゃぁそれまでですが!テハッ!

しっかし、なんやネぇ・・・。星像がキリッとしてると処理が楽で、ガスねぇ!
そら、処理するにつれ多少の星像肥大は致し方無いけど、以前よりは
修復しやすい気がしますのですわぁ!はハッハハッハハッハッハハハ!!

これでコマコレバックフォーカスがも少し決まれば、あ~た!
針で突いたよぉな星像が・・・あ、あ、想像しただけで目まいが・・・ぁ!

名ばかりの鏡筒は道を空けろッ!!って、いつも一人ぼっち撮影ですが!

IC417_20170203_NW
撮影条件: ISO 3200_160秒×32枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIM、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC
撮影日時: 2017/01/31 21:58:49~
撮影場所: 山口県柳井市自宅庭

おそらく天体女子は無理して宝石類を集めたりしないと思う!
なぜなら、宇宙に無尽蔵にある宝石を知っているから!

と、かのニーチェは叫んではいませんが!はハッハハッハハッハッハ!!
が、けっして宇宙は虚無では無~い!と、山口のじぃは叫びたい!テヘッ!

冗談抜きで、この辺もホンマ、アホみたいに綺麗な星域よねぇ!
近くまで行って宇宙船の窓からウットリ眺めていたい宇宙絶景No.3で、ガス!

はい、それでは私の宇宙絶景トップスリーの紹介で、ガス!ハハッハハは!
No.1・・・ジャじゃ~ん!!
土星の表面赤道付近から見上げる土星の環っか!
地平線・・・モトイ!土平線から土平線へまたがる環っか!これ絶対すごいよ!

CELESTIAでは何度も眺めているけど、やっぱ実際に見てみたいよねぇ!
今生では無理やけど来世には。エッ!?ほな山口のじぃはあと数年や!って?

し、し、失敬だな君は!私ゃまだ当年・・・あっホンマや!グスン。

で、No.2・・・ジャじゃ~ん!!
「創造の柱」至近距離ツアーで、ガショ!はハッハハッハハハッハ!!
あの柱の間をうねりながら航行してみたいんよねぇ!!

エッ!?何光年の距離をひょひょいとそんな風に移動できるかっ!!
ま、ま、落ち着きなはれ!あくまでも「想像」の柱でんがなぁ!ハハッハハッハ!

そんなこんなで、宇宙絶景におけるキーワードそれは、
眩いばかりの光と圧倒的巨大感!!私ゃそぉ思う、今日この頃で、ガス!

やっぱ「もっと光を」やなぁ!!

ハハッハハハハハッハハッハハッハハッハ!!

 

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

ばら星雲 : コマコレ適正バックフォーカスへの旅!

究極の星像へ辿りつくために導入した究極コマコレクター4枚玉
SkyWatcher,Coma Corrector(F4)

こ奴の適正バックフォーカスは、鏡筒の焦点距離によって変わる。
現在の使用状況ではTリングその他の関係で55mmにて使用。

これは焦点距離1000mmでのバックフォーカス値で、ガス。
600mmでの適正値は51.6mm!今日よりは、この51.6mm目指して旅します。

ハッハハッハハッハハッハハッハハ!!

で、この日撮った最後の分。薔薇星雲で、ガス!
IC417を処理するにはまだモチベーション足らず!ハッハハッハハは!

Rose_20170201
撮影条件: ISO 3200_160秒×10枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIM、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC
撮影日時: 2017/01/31 23:52:04~
撮影場所: 山口県柳井市自宅庭

中央の星団がクッキリ光条も出たので、シメシメで、ガス!
星の色は少しザートらしいですが、ま、エェでしょぉ!テヘッ!

しっかし、何やネぇ!?コマコレひとつでこんなに違いが出るって、
やっぱレンズっちゅうかぁ光学って奥が深こぉござんすねぇ!ハハッハハ!

☆男さんも仰っていたが、このコマコレ、個体差がだいぶあるみたいなので、
あまり神経質に51.6mmを追いかけるつもりはないので、ガス!

現在48mmTリングを使っているが、笠井の極薄Tリング(42mm)にアダプタを
介してトータル51.6mmぐらいにもっていこぉとしております。

EOSのフランジバックが44mmなので7.6mm以内にアダプター類を納めるわけで、ガス!
ちなみにペンタが45.46mm。約6mmぐらいで納める事になるのよねぇ!?
しかもペンタ用の48mm径Tリングが無いのよ!ま、組み合わせリングみたいのは
あるけどかさばるらしい。

EOSでの51.6mmチャレンジも通常の42mm径Tリングの使用になるのよ!
だから、口径を犠牲にする価値のある星像が得られればエェけど、そぉでなければ、
現在の48mmTリングで運用して行くわけで、ガ~ンス!

理屈はよぉわからないが、48mmTリングだとミラーケラレが和らぐのよ!
ま、何れにしても極薄リングが手に入り次第、月夜でもテスト決行で、ガス。

その結果次第ではイプシロン光学系が紡ぎ出す星像を抜くやも知れません!
そぉなればあ~た!

ハハッハハハハハッハハッハハッハハッハ!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M45:すばる。処理はともかく、星像改善?Vol.2

孫たちが東京へ帰り、より一層淋しさをかき立てる田舎静寂の日々!

午後3時のコーヒを飲みながら妻、ミヤちゃんと天体談議!はハッハッハ!!
彼女の宇宙に対する知識の程度は「月まで何光年?」の類で、ガス!

で、私が過去に撮ったNGC4565の画像と今回のM45等を見せていた時のこと。
私のパソコンの画像フォルダは共有設定でリビングのテレビでも見れる。

で、フォルダの「系外銀河」と「星雲星団」の違いを聞かれた。テハッ!

天の川の中か、天の川の外、ず~っと遠くにある銀河。と説明。
そして例えを加えた。

「星雲星団」は国内旅行での温泉地めぐりみたいなもんでぇ、
「系外銀河」は海外旅行で行く先の国めぐりみたいなもんやなぁ!

温泉行って来たぁ!ってゆぅと「どこの?」って聞かれるのが「星雲星団」
ニュージーランドで温泉入って来た!ってゆぅと「へぇ~っ!」で終わるのが
「系外銀河」

で、ミヤちゃん曰く。「へぇ~ッ、温泉ってどこにでもあるんやねぇ!」・・・?
で、私「こ、こ、こんど近場で道後温泉でも行こか?」

って、言わなしゃぁないやおまへんかぁ!はハッハハッハハッハハッハハ!!

M45_NCC_20170131
撮影条件: ISO 3200_160秒×8枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIM、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC
撮影日時: 2017/01/31 20:43:10~
撮影場所: 山口県柳井市自宅庭

ま、現在、納得の星像を求めて飽くなき探求の旅を続けております。はい。
その旅もまもなく終えよぉとしている今日この頃!はハッハッハハッハハ!

今回は構図もしゃっきり、ピントもクッキリ!赤青黄色のサンカラー!
って、画像処理は二の次三の次で、ガス。ハッハハハッハハッハッハ!!

星像とは関係ないのですが、今回、フラットの大事さを感じましたよぉ!
このM45に使ったフラットは、このあとカメラを90度回転させた時のフラットを
使いまわしたので、ガス!

で、結果、処理を続けるに従い四隅に変な色がモヤモヤと浮き出て来る始末。
フードと鏡筒との軸ズレやカメラのスケアリングの関係やその他が影響していると
思う今日この頃の、ボク!テヘッ!

私は、基本、大正琴・・・モトイ。対象ごとにフラットを撮っているのだが、
今回は次の撮影に気が急くあまり、撮り忘れ。で、使いまわし!ハハッハッハハ!

エッ!?気が急くほどの対象って何ぃ?って?

いやいやいやぁ!それは口が裂けても言いたい!ハッハハッハハッハッハ!!
それはドドドドド°ドド°ドド°(ドラムロール)ICぃ・・・一旦CMでぇ~す。

CM開け。
それはドドドドド°ドド°ドド°(ドラムロール)ICぃ・・・ドドドドド°
ドドドドド°ドドドドド°ドドドドド°ドドドドド°ドドドドド°ドドドドド°

って、何やったっけぇ!?ハッハハッはハッハッハッハ!はい、ヒマで、ガス!

IC417で、ガス!って、まだファイル開いてもいぃひんのに言うてもぉたぁ!
はい、ヒマで、ガス!鳩子の湯でも行ってこぉ!!

はハッハッハハッハハッハハハッハハッハ!!

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村