広大な宇宙を切り撮る為の3.14mmの闘い!!

星像不安との闘いは、先回で最終章としました。
新コマコレクター:スカイウォッチャー コマコレクター(F4)によって
星像の劇的改善をみたのを一応の着地点としたわけで、ガス!はい。

で、今日からは「星像の改善」から「究極の星像」への闘い、エピソード2が
始まるので、ガス~ん!!ハハッハハッハッハ!って、趣味ですからぁ!テヘッ!

エピソード2の主役を紹介します。極薄Tリング、薄くても安心君で、ガス!

IMG_1568

IMG_1567

で、エピソード1を見逃した方の為におさらい!ハハッハハッハッハ!!
現在、星像改善されたとはいえ、新コマコレの設置寸法はまだ正常値ではない。

次の値は、ドイツのTeleskop-Express: Astro-Shop の説明に有ったモノです。

スカイウォッチャーF4の最適バックフォーカス
The optimal back focus depends on the telescope’s focal length:
F=600mm, working distance = 51.66mm
F=800mm, working distance = 53.66mm
F=1000mm, working distance = 55.0mm
F=1200mm, working distance = 54.66mm
F=1500mm, working distance = 54.60mm

IMG_1596
左からM48Tリング、M48→M42T2アダプター、薄くても安心君。ハハッハハは!!

M48の厚みが10.8mm。アダプターが6.2mm、薄くても安心君が1.6mm。

星像不安解消、現在の構成はM48Tリングのみなので、EOSのフランジバック
44mm+10.8mmで54.8mm。上の表でゆくとF=1000mmあたりで使っていることになる。

で、究極の星像ですからぁ~、現鏡筒のF=600mmの51.6mmにしてやるとぉ・・・
ハッハハッハハッハハッハハ!で、ガス!

ただ、極薄TリングはM42なのでコマコレのM48との接続にKenkoのダウン何たらや
アップ何たらを組み合わせて6.66mm埋める予定の結果6.6mmで決着!

ところがギッチョン!来たのを測ると1.6mmだった。
で、販売店に問い合わせたところ、そんなこと無いッ!と言われたので、
そんなこと無いッ方のパーツと交換してもらおうかと思っていたら、あ~た!!

部品お宝箱をガサガサしていたら、M48→M42T2アダプターが出て来たので、ガス!
ハハッハッハハッハ!!

多少くたびれたアダプターではあるが、ピッチも正常、バックオーライで、ガス!

で、計算しますと・・・・慎重に電子卓上計算機を使います。テヘッ!

EOSフランジバック44mm+薄くても安心君1.6mm+アダプター6.2mmで・・・
ジャ~~ン!! 51.8mm!!あと0.14mm・・・何とかなるで、ガショ!?

ま、当初の極薄1mmだとアダプターもいかがわしい組み合わせで不安もあったしぃ、
結果オーライとゆぅことで。テハッ!

この金属パーツの0.14mmって、気合いで消すことは出来ないのかねぇ!?
超絶捻じ込むとか、ま、薄くても安心君が計測時1.5mmの時もあったからね。

まぁ、何やかんやゆぅてもですがなぁ!?M48Tリングのときよりは上の表の
推奨値に近づくわけやから、期待持ってエェでガショ~ん!!!!!!

で、全てはコイツから始まったので、ガス!

極み野星像君!これ1個でEOS Kiss X7 ダブルズームキットが買えます。グスン。

IMG_1601

さぁ!早く来いコイ新月期ぃ!!
エッ?星像確認だけならもぉ出来るやろッ!って??

いやいやその為だけに赤道儀設置する元気おまへんねやわッ!!
なんちゅうても私の頭の中ではすでにシャキ~~ンですねんやわッ!

はハッハッハはハッハハッハハッハハッハハッハ!!

 

 

 
下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広大な宇宙を切り撮る為の3.14mmの闘い!!」への8件のフィードバック

  1. びっけパパ

    究極の星像、かっこええこと言いはるわ。
    しかしまあ、いろんな物を持ってはる。
    うまいこと使いはる。
    知恵とチ◯ポは若いうちに使えって言うけど、まだまだ若いですなぁ(笑)
    すみません、アカデミックなブログに。
    あかんかったら削除しといてください。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      びっけパパさん、おはよぉございます。

      かっこエェでしょぉ!?・・・かっこだけはぁ!テヘッ!
      デカイ買い物は無理でも、小銭で買える無駄なモノが多い!
      貧乏人の典型で、ガス!ハッハハッハハッハハ!!
      ま、今回のアダプターは無駄から生まれた無駄太郎で、ガス!
      はハッハハッハッハハッハハ!!
      知恵もチ◯ポも使い方忘れました。今度オセーテください!テハッ!
      アカデミックなブログに異常なしで、ガス!何でもOッK~!

      返信
  2. 夕焼け熊五郎

    じぃさまおはようございます。
    私は望遠鏡ではなくカメラ派なんでなんのこっちゃ詳しい事は分かりませんが
    「薄くても安心君」が頭から離れません。
    全てを確認しないで電話で問い合わせハッハハッハッハハッハ!!此処にもいてまっせー。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      熊五郎さん、おはよぉございます。

      はい、当人だけが楽しんでおります。ハハッハッハハハ!!
      一家に一本「薄くても安心君」!そんな時代がやがて来るぅ!
      って、んなアホなことを今日も考えて生きてみます!テヘッ!
      いやいや、販売店のHPには確かに厚さ1mmと表示されていたので
      ・・・ま、結果オーライとゆぅことで!ハハッハハッハハッハ!

      返信
  3. おりおん

    さすが「薄くても安心君」、宙に浮かんでるやないですか!!
    これは、エピソード2だけにフォースですかね?いや、じぃさまはそっち系の映画はお好きでなかったですね。
    そうなると、マジックですか。ポール・モーリアのオリーブの首飾りを聞きながら拝見します。チャラララララ~♪
    いや、真面目なお話におふざけはいけませんな。
    しかしなんですねぇ。広大な宇宙を切り撮るのに、0.14mmってねぇ。
    そのあたりのシビアなところが面白くもあるわけなんですけどね。
    頭の中でシャキーンとなってるなら、気合で何とかなるでしょう。
    星像、楽しみですね。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      おりおんさん、おはよぉございます。

      でしょぉ!?今は何でも宙に浮く時代で、ガス!
      はい、私の心も浮ついてます!ハハッハハッハッハハ!!
      「そっち系の映画・・・」よぉ憶えてはるなぁ!!
      本人が言うたこと憶えてないけど、「そっち系」そぉなんですよねぇ!
      オデッセイ、グラビティなどは受け入れてます。ハハッハハッハハ!
      エッエ~ッ!?ふざけて下さいよぉ!!当ブログはマジメさと
      おふざけが混ざり合って、結果得るモノが何も無いッ!
      って、ホットって下さいッ!!はハッハハッハハハッハッハは!!
      0.14mm問題、解決しました!組立ててから測る時にノギスの角度を
      少し変えたんです。そしたら+-ゼロになりました。
      ハハッハハッハハッハハッハハ!!星像、楽しみしといて下さい!

      返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      ☆男さん、こんにちは。

      執念!?はい、これも全て☆男様の所為で、ガス!ハハッハッハハ!!
      いやいや、ありがとぉございますぅ!☆男さんのあの比較画像がなければ
      憤懣やる方無しの星像でストレス満載の日々を過ごしていたでしょぉ!
      次の新月期のターゲットは星団オンリーで、ガス!テヘッ!
      球状星団がどこまで分解できるか想像すると、目眩がします。ハハッハハ!

      返信

山口のじぃ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。