IC417:微恒星がウザい!?ハハッハハッハ!

現在、星像キレキレキャンペーン中につき、ご容赦!ハハッハッハハハ!!
強拡大しても破綻していない微恒星!眩しさすら感じます。テヘッ!

ゲーテの最後の言葉「もっと光を」!これは解釈に諸説ありますが、
私は、説とゆぅより、側近の聞き漏らしやないかと思ぉとります。はい。

「モ、モ、も、もっと光を・・・微恒星に」ハハッハハッハハッハ!!

さて、今回は昔~しに撮って、イヤになった対象で、ガス!
そん時ゃもぉ!処理につれ微恒星がグジャぐじゃで、宇宙か前衛絵画か
ワケ分からんよぉになり三日三晩眠れず・・・はい、ウソで、ガス!テヘッ!

で、今回の星像改善コマコレツアーの旅の最終章をこのIC417で飾ろぉかな、と、
臨んだ次第で、ガス~ん!

まずは、IC417の南中越えまでの間にすばるで肩慣らし。で、40枚セ~ット!
案の定薄雲が途中襲来するも、6枚程の損失で済んだ!シメシメメシエで、ガス!

この日のGPV予報では、夜半から曇り。
で、IC417のあと即片づけて就寝と思ぉたのですが、なんか撮りたいなぁ、
短時間少枚数で撮れるモン無いかなぁ!で、撮ったのが先回のバラで、ガス!

最近、朝まではキツイのよねぇ!寄る歳波っちゃぁそれまでですが!テハッ!

しっかし、なんやネぇ・・・。星像がキリッとしてると処理が楽で、ガスねぇ!
そら、処理するにつれ多少の星像肥大は致し方無いけど、以前よりは
修復しやすい気がしますのですわぁ!はハッハハッハハッハッハハハ!!

これでコマコレバックフォーカスがも少し決まれば、あ~た!
針で突いたよぉな星像が・・・あ、あ、想像しただけで目まいが・・・ぁ!

名ばかりの鏡筒は道を空けろッ!!って、いつも一人ぼっち撮影ですが!

IC417_20170203_NW
撮影条件: ISO 3200_160秒×32枚
撮影機材: Kiss X6i_SEO-SP4C with HEUIB-II MFAフィルター
     驚筒ZWO-CN15F4 600mm with SkyWatcher,Coma Corrector(F4)
使用架台: Advanced-VX赤道儀、QHY5L-IIM、190mmガイド鏡
画像処理: SI7で基礎工事,仕上げPSCC
撮影日時: 2017/01/31 21:58:49~
撮影場所: 山口県柳井市自宅庭

おそらく天体女子は無理して宝石類を集めたりしないと思う!
なぜなら、宇宙に無尽蔵にある宝石を知っているから!

と、かのニーチェは叫んではいませんが!はハッハハッハハッハッハ!!
が、けっして宇宙は虚無では無~い!と、山口のじぃは叫びたい!テヘッ!

冗談抜きで、この辺もホンマ、アホみたいに綺麗な星域よねぇ!
近くまで行って宇宙船の窓からウットリ眺めていたい宇宙絶景No.3で、ガス!

はい、それでは私の宇宙絶景トップスリーの紹介で、ガス!ハハッハハは!
No.1・・・ジャじゃ~ん!!
土星の表面赤道付近から見上げる土星の環っか!
地平線・・・モトイ!土平線から土平線へまたがる環っか!これ絶対すごいよ!

CELESTIAでは何度も眺めているけど、やっぱ実際に見てみたいよねぇ!
今生では無理やけど来世には。エッ!?ほな山口のじぃはあと数年や!って?

し、し、失敬だな君は!私ゃまだ当年・・・あっホンマや!グスン。

で、No.2・・・ジャじゃ~ん!!
「創造の柱」至近距離ツアーで、ガショ!はハッハハッハハハッハ!!
あの柱の間をうねりながら航行してみたいんよねぇ!!

エッ!?何光年の距離をひょひょいとそんな風に移動できるかっ!!
ま、ま、落ち着きなはれ!あくまでも「想像」の柱でんがなぁ!ハハッハハッハ!

そんなこんなで、宇宙絶景におけるキーワードそれは、
眩いばかりの光と圧倒的巨大感!!私ゃそぉ思う、今日この頃で、ガス!

やっぱ「もっと光を」やなぁ!!

ハハッハハハハハッハハッハハッハハッハ!!

 

 

 

下記バナーの上で、
右手人差し指を下向きにグッと力を入れていただくと幸せます。
「2161長征」
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

IC417:微恒星がウザい!?ハハッハハッハ!」への4件のフィードバック

  1. 夕焼け熊五郎

    じぃさまこんばんは
    めちゃくちゃ星が綺麗ですねシャキーンと決まってますね、これならIC417だけではなく何処を狙っても綺麗な作品が出来るでしょうね漆黒の闇の中でブログのタイトル考えながらじぃさまのサングラスの中の目が笑ってるのが想像出来ます、夜はグラサンしないかいやーすばらしいです。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      熊五郎さん、こんばんは。

      シャキーン!あざ~す!!
      何処を狙っても!?っは~ッ!実はぁ私、撮った場所で処理の気合いが
      変わってしまう変態人間でしてぇ・・・テヘッ!マジで、ガス!
      ケバくならないよぉ気をつけます。ハハッハハッハッハハ!!
      目が笑ってる!?ギクッ!思わず後ろ振り返って隠しカメラ探しました。
      ハッハハッハハッハハ!!

      返信
  2. おりおん

    ゲーテの最後の言葉が実は「・・・微恒星に」だったんですね。深い~。
    にしても、この領域で星像を確認するとは、やはり只者ではないですな。
    微恒星てんこ盛り領域はほんと処理が難しいですもんねぇ。
    星雲の微妙な色の変化もよく表現されてるうえに、星々の色がこれまた綺麗です。そして微恒星の塩梅が絶妙ですね~。シャキーンとキラキラ輝いてます。
    これでまだバックフォーカスが決まってないんですか。もうこれでええんちゃいますん?だめなんですか。極めますね~。極めるの極は極楽寺の極。
    これからの画像も楽しみです。

    返信
    1. 山口のじぃ 投稿作成者

      おりおんさん、おはよぉございます。

      そぉなんですよぉ!最後の言葉「微恒星」って、んなアホなぁ!
      ハッハハッハハッハ!!
      もぉ今は星が集まるとこならどこでも撮りたい気分で、ガス!
      とゆぅ只者で、ガス!ハハッハハッハッハハ!!
      星マスク必須の場所を敢えて・・・テヘッ!星像不安解消で
      調子にのってます。はい!まもなく新政権の誕生か!テヘッ!
      あざ~す!この星雲、気を抜くと周りがスッと消えますねぇ!
      ま、今は星さえ残ってくれればエェのですが。テハッ!
      って、厚さ1ミリのTリングがまもなく到着。さすれば、め、め、
      目まいがぁ・・・、も、エェかッ!ハッハハッハハ!!
      極まるかどぉかは極薄多い日も安心のTリング次第で、ガス!
      って、極楽寺やなくて極楽寺町の極でしょぉ!?ハハッハハは!!

      返信

おりおん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。